交通違反といえば、駐車違反やスピード違反がまず思い浮かびますが、そのほかにも一時停止違反や通行帯違反などさまざまな違反が存在。なかでも、ここ数年、警察が取り締まりに力を入れているのが、歩行者が待つ横断歩道で一時停止をしないという違反です。一時停止を守らないと、いったいどの程度の罰則があるのでしょう。

横断歩行者等妨害等の摘発を強化した

横断歩道は、信号機付きの交差点のほかに信号機がない場所にも数多く設定されています。信号機のない横断歩道の場合、基本的に歩行者優先となり、自転車を含む車両側は一時停止をしなくてはならず、守らないと「横断歩行者等妨害等」という違反になります。

横断歩行者等妨害等の違反は、最近摘発を強化しているもので、警察庁は「信号機のない横断歩道における歩行者優先等を徹底するための広報啓発・指導の強化について」という通達を2018年10月に各都道府県警に出しました。その背景には、日本自動車連盟(JAF)が毎年行うある調査結果が影響しています。

JAFは、加入ドライバー向けにロードサービスを提供することで知られていますが、シートベルト着用状況などさまざまな調査を継続的に実施。そのひとつが「信号機のない横断歩道実態調査」で、2018年に実施された調査では信号機のない横断歩道に歩行者がいた場合、一時停止する自動車はわずか8.6%だったのです。

横断歩行者等妨害等の違反点数は2点

この調査は、各都道府県で2か所の横断歩道を選びJAFの調査員が実際に横断歩道に各50回ずつ横断を試み、一時停止しなかった自家用自動車の台数を数えるという方法で行われました。一時停止する自動車の割合は都道府県でばらつきがあり、2020年調査では長野県が72.4%なのに対し、宮城県は5.7%にとどまっています。

警察庁が摘発を強化した影響もあり、2019年調査では17.8%、2020年調査では21.3%と、信号機のない横断歩道に歩行者がいた場合に一時停止する自動車の割合は増加傾向です。とはいえ、いまだに約8割の自動車が一時停止しないことになり、まだまだ横断歩行者等妨害等の違反が浸透しているとはいえないでしょう。

横断歩行者等妨害等の違反の点数は2点で、反則金は普通車の場合9000円です。なお、押しボタン式を含む信号機のある交差点の横断歩道では信号機の表示が優先されるため、自動車はそれを守り走行することになります。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 警察が取締り強化中「横断歩行者等妨害等」とは