NHK受信契約を断る理由は人それぞれですが「NHKの番組を見ないのに受信料を払いたくない」という人も多いはず。しかし、法律上はNHKの番組を見る見ないにかかわらず、NHK受信契約は結ぶ決まりです。「見ないから」は断る理由になりません。さらに「見ないから」とNHK受信契約を断るとその後、不利な状況に陥る危険があるのです。

NHK受信契約は視聴するかは無関係

NHKに関するさまざまなことを決めた放送法では「NHKのテレビ放送を受信できる設備を設置した人はNHKと受信契約を結ばなくてはならない」と定めています。テレビの設置が条件で、実際にNHKを視聴するかどうかは無関係という規定のため、単に「NHKを見ないから」という理由ではNHK受信契約を拒否することはできません。

さらに、「見ないから」という言葉でNHK受信契約を拒否してしまうと、その後NHK側が本気で受信契約を取りにきた場合、不利になる可能性が高くなります。というのも、NHKから委託を受けて受信契約を取り付けるNHK集金人は、巡回した世帯とのやり取りも記録しているためです。

NHK受信契約を断った理由は、訪れたスタッフが持つ「ナビタン」と呼ばれる端末を通じ、NHKの営業システムへ逐一送信されています。つまり、「見ないから」と断ったことも記録されるため、裁判などになった際、この情報が「NHKのテレビ放送を受信できる設備を設置」していた証拠として使われてしまうのです。

NHK受信契約を断って2年分の受信料

NHK受信契約の内容を定めた「日本放送協会受信規約」によると、NHK受信料は受信設備を設置した翌月から発生することとなっています。このため、「見ないから」と受信契約を断った2年1か月後にNHKから受信契約に関して裁判を起こされてしまうと、2年分のNHK受信料を支払う羽目になる可能性が高いのです。

ただし、「見ないから」とNHK受信契約を断るケースでも、物理的にNHKを見ることができない状態であれば話は変わります。例えば、地デジやBS用のアンテナがなく、スカパー!プレミアムのアンテナのみ使用している場合であれば、NHK受信契約を結ぶ必要はありません。

すなわち、NHK受信契約を「見ないから」という理由で断る場合は、「見ないから受信できる状態にしていない」と答えるのが正しいということ。NHK集金人に対して、NHK受信契約を断る理由にも細心の注意を払う必要があるのでした。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 NHK受信契約「見ないから」と断ると不利になる