JR東日本のポイントサービスは、鉄道・バスへの乗車や駅ビルなどで貯まる「JRE POINT」と、Webで鉄道を予約すると貯まる「えきねっとポイント」の2本立てです。このうち、えきねっとポイントは事実上JRE POINTへ交換して利用する仕組みで不便でした。6月27日から、JR東日本は両ポイントを統合。この不便が解消されることになります。

えきねっと利用額に応じたJRE POINT

JR東日本は、同社のポイントプログラム「JRE POINT」とWeb予約サービス「えきねっと」利用で貯まるポイント「えきねっとポイント」を2021年6月27日に統合。JRE POINTへと一本化することを発表しました。また、これに先行して6月1日からJR東日本国内ツアーと駅レンタカーについては、JRE POINTが貯まる仕組みへ変更されます。

現在のえきねっとポイントは、えきねっとからJR各社の新幹線・特急列車を予約するした場合、利用回数1回につき20~60ポイント、JR東日本エリアの駅レンタカーとJR東日本国内ツアーについては500円につき1ポイントが貯まるサービス。貯まったポイントはJRE POINTへ1ポイント=2.5円で交換可能です。

えきねっとポイント自体を直接利用する仕組みはないため、JRE POINTへ交換する手間がかかるぶん使いにくいものとなっていました。6月27日以降は、えきねっと利用分についてはJRE POINTが利用金額に応じて貯まるため、一手間省けて便利になるほか、長距離利用ほどポイントが貯まりにくいという点も解決されます。

6月27日以降にえきねっと利用で貯まるJRE POINTは、新幹線eチケットでチケットレス乗車した場合が利用金額の2%、在来線特急のえきねっとチケットレスサービスが5%。一方、紙の切符を発行した場合には0.5%と還元率が低くなり、自由席特急券(新幹線eチケット含む)と乗車券のみの発行はポイント対象外です。

えきねっとポイントの交換は8月終了

さらに、JR東日本系列のクレジットカード会社・ビューカードが発行する「JREカード」など各種カードで「VIEWプラス」というポイントアップサービスもスタート。通常カードは3%、ゴールドカードは8%のボーナスポイントが手に入るため、合計すると通常カードは最大8%、ゴールドカードは13%と高い還元率になります。

また、えきねっとポイントとJRE POINTの統合にあわせ、JRE POINTの交換商品へ「JRE POINT特典チケット」「JRE POINTアップグレード」を追加。JRE POINT特典チケットは0~100kmまでの新幹線eチケットが2160ポイント、JRE POINTアップグレードは8500ポイントで新幹線普通車指定席からグランクラスへアップグレードといった内容で、航空会社のマイレージ特典のように使えます。

6月1日から先行してJRE POINTへ統合される駅レンタカー・JR東日本国内ツアーについては、駅レンタカーのポイント還元率は未定で、JR東日本国内ツアーについては500円につきJRE POINTが1ポイント貯まります。このため、JR東日本国内ツアーについては、これまでよりポイント還元率が落ちることになります。

なお、えきねっとポイントからJRE POINTへの交換については、8月31日で終了する予定です。交換期限を過ぎると、貯まっていたえきねっとポイントは無効になるため、早めにJRE POINTへの交換を済ませるようにしましょう。交換手続きは2ポイント単位からOKで、Web上で行えます。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 JRE POINTとえきねっとポイントが6月27日に統合