クレジットカードの表面といえば、凸凹した文字でカード番号などが印刷されているのが一般的でした。このエンボス加工された文字には立派な理由があるのですが、最近ではエンボス加工が省略されたタイプを発行するカード会社も増えています。さらにはクレジットカード番号自体も省略するタイプも登場。その理由を見ていきましょう。

クレジットカード番号にエンボス加工

クレジットカードの表面には一般的に、カード番号と有効期限、カード保有者名のアルファベット表記が盛り上がった印刷で記入されています。こうした印刷方法は「エンボス加工」と呼ばれ、クレジットカードやキャッシュカードだけでなく幅広く使われていて、点字印刷もエンボス加工の一種といえます。

クレジットカードがエンボス加工されているのは、かつてカード利用の伝票がカーボン複写式になっていたためです。この伝票作成時には、「インプリンター」と呼ばれる専用装置にカード本体の上からカード伝票用紙を載せ、さらに上からローラーで圧着することで複写を行っていました。

しかし、この方式では店舗側はカードの不正利用を見破ることが難しいだけでなく、店舗側が偽造伝票を作成して請求するといった事件も多発していました。そこで、採用されたのが磁気ストライプにカード情報を記録し、オンライン接続されている場合はカード情報の照会も行う仕組みです。

クレジットカードに接触型ICチップ

オンライン照会が行われることにより、磁気ストライプ方式ではカードが有効かどうかのチェックも行えるようになりました。ところが、カードの不正利用については多発する状況は改善しないまま。磁気ストライプ情報を不正に読み取り、それをコピーして利用する「スキミング」というテクニックが有効だったためです。

そこで、次に導入されたのが接触型ICチップを利用して決済を行う方法。ICチップに記録されたカード情報は高度に暗号化されているため、単に読み取り偽造することは不可能です。さらに、利用時にサインが不要となり、決済時には暗証番号を入力して本人認証を行う仕組みとなりました。

現在、日本国内で新規発行されるクレジットカードは、特定店舗のみで利用できるものを除きすべてICチップが搭載されています。ICチップを利用した決済の場合、カード情報のチェックを店舗側で行う必要もなく、カード表面に書かれた番号などを利用することはありません。

クレジットカードから番号自体を省略

クレジットカードに関する環境が変わったことで、現在はカード表面にカード番号などを印字する必要はほぼなくなったといえます。そこで、表面にカード番号を印字しないタイプのクレジットカードが各社から続々と発行されているのです。

その代表的なものが三井住友カードで、提携カード以外の新規発行分については表面にカード番号などが印字されていません。さらに、「三井住友カードNL」については裏面にもカード番号などの情報がなく、ネットショッピングなどカード情報の入力が必要な場合は専用のスマホアプリでチェックする仕組みです。

クレディセゾンが発行する「セゾンカードデジタル」「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードデジタル」も、三井住友カードNL同様に表面・裏面どちらにもカード番号などの情報は書かれていません。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法
過払い金請求で信用情報に傷がつく本当だった?

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 カード番号がないクレジットカードが増えた理由