仕事のために1人で長距離を移動する場合、マイカーなどで移動すると高速料金などが高く付いてしまいます。一方で、現地近くまで鉄道で向かいそこからレンタカーを使うとお得になるケースは多いものです。そうした際に、交通系ICカードの利用とレンタカー・カーシェアを組み合わせるとさらに料金が安くなるサービスがあるのでした。

レンタカーSuica決済でポイント10倍

JR東日本レンタリースがJR東日本の駅周辺で展開する駅レンタカーは、2021年6月30日までの期間限定で支払いにSuicaを利用すると、JREポイントが通常の10倍にあたる5%分貯まるキャンペーンを実施中です。対象となる営業所は東京駅・仙台駅など41か所で、大規模駅でも大宮駅のように対象外となっている営業所もあります。

Suica支払いで5%ポイントアップを受ける際の注意点として、クレジットカードも別に用意する必要があること。これは、JR東日本レンタリースではクレジットカード以外の料金支払いは、延滞時などの追加支払いに備える保証として、利用前にクレジットカードの登録を求めているためです。

また、JR東日本レンタリースでは予約サイト「えきねっと」利用限定での割引サービス「えきねっと+レンタカー」もあわせて実施中。えきねっとからの予約のため、こちらはクレジットカード決済ですが、2021年3月31日までは基本料金が35%割引となることに加え、えきねっとポイントが500円につき1ポイント貯まります。

Suica利用でカーシェア15分が無料に

カーシェアの場合、タイムズカーシェアがさまざまな交通系ICカードと組み合わせることで割引となるキャンペーンを実施中です。対象となる交通系ICカードはSuica・PASMO・ICOCA・nimoca・はやかけんのほか、東海道・山陽新幹線向けのEX-ICカードや札幌市交通局のicscaとなっています。

このタイムズカーシェアの割引は、カーシェア利用当日(EX-ICカードは前日もOK)に交通系ICカードを指定された最寄り駅で乗車することと、対象エリアのICカード使うことが条件です。例えば、JRいわき北口駐車場ステーションで割引を受けるためには、Suicaで当日いわき駅まで乗車するといった具合です。

割引額は、いずれの交通系ICカードについても220円で、同社のベーシッククラスを15分利用した額に相当します。タイムズカーシェアには、洗車で30分、給油で30分といった割引サービスもあるので、交通系ICカード割引を組み合わせることで、ベーシッククラスであれば1時間15分まで無料で利用できる計算です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Suica決済でレンタカーやカーシェアが割引価格