ガソリンを1円でも安く給油するには「出光昭和シェル」「ENEOS」「コスモ石油」といった石油元売り系ガソリンスタンドのクレジットカードを使うのが確実。カードの利用額に応じて、ガソリンの値引き額が高くなる上位カードもありますが、相応の年会費がかかります。今回は年会費無料(実質無料)のクレジットカードを見ていきましょう。

ガソリン2円引きのクレジットカード

いわゆる石油元売り系上位3社のクレジットカードは、ENEOSの「ENEOSカードS」と出光昭和シェルの「出光カードまいどプラス」、コスモ石油の「コスモ・ザ・カード・オーパス」があります。

「ENEOSカードS」と「出光カードまいどプラス」は、ガソリン1Lにつき2円引きが常に適用されます。「コスモ・ザ・カード・オーパス」は、具体的な値引き額は明記されておらず、店舗によって異なる会員価格(概ね1~3円引き)での提供です。

年会費はENEOSカードSのみ1,375円が必要ですが、年に1回の使用で無料になる仕組み。他の2枚は年会費無料です。

旅先のガソリンでもクレジットカード

そして、利便性にかかわる店舗数は、ENEOSが業界トップの約13,000店です。続いての2位、出光昭和シェルの約6,300店。コスモ石油は約2,700店となっています。

すなわち、店舗数が多いので旅先でもガソリンが安く買えるのが「ENEOSカードS」で、地元に会員価格が3円引きのコスモ石油があれば「コスモ・ザ・カード・オーパス」がベストな選択ということになります。

地元でよく利用するガソリンスタンドをメインカードにして、旅先で安い価格を見つけたら、クレジットカードに縛られることなく、給油できるように石油元売り系上位3社のクレジットカード3枚を使い分けるのがベストです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ガソリンを1円でも安く給油するクレカ使い分け