移動式の新型オービスの登場によって、スピード取り締まりはより一層、対応が難しくなりました。移動式の新型オービスは神出鬼没なうえに「レーザー式」の速度測定を採用。既存のGPSレーダー探知機では探知できません。そんな中、レーザー式オービスに特化した探知機が登場しました。詳しく見ていきましょう。

レーザー式オービスが本格的に稼働中

無人式のスピード取り締まりのオービスは、これまでHシステムをはじめとする「レーダー式」が主流でした。初期のレーダー探知機は文字通り、オービスが発するレーダーを受信してドライバーに注意を促すものです。

しかし、2000年代になると電波を発しない「ループコイル式」のLHシステムが増加します。これに対応するため、マップ上に登録されたオービスの位置情報を元に警告を行うGPSレーダー探知機が登場することになったわけです。

近年は、移動式の新型オービスが各地で目撃されるようになりました。従来のレーダー探知機では探知できない「レーザー式」による取り締まりが本格化しています。

レーザー式オービスに特化した探知機

そして、セルスター工業の「AL-01」は、レーザー式オービスの受信に特化した探知機。シガーソケットに電源を挿し、ダッシュボードに設置するだけで、単体で使えるのが大きな特徴です。

オービスのレーザーをキャッチすると、AL-01は音声とLEDで警告。レーザー光の受信レベルを強・弱の2段階で判定するので、自車とオービスの距離感を把握できます。

さらに、誤報となりやすい赤外線やレーザー光を使用した機器などとオービスとを正しく識別するために、独自のアルゴリズムを搭載。高い確率で識別可能です。

既存のレーダー探知機に接続もできるので、レーザー非対応モデルをレーザー対応モデルにアップグレードできます。レーザー式オービスに特化した探知機のサイズ/重さは、41WX26H×37.5Dmm/20g。実勢価格は7678円です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「レーザー式の新型オービスに特化した探知機とは