家族や友だちの居場所がリアルタイムで分かる「位置情報共有アプリ」が人気です。とはいえ、待ち合わせや安否確認には便利ですが、現在地が垂れ流しになるため使い方次第では非常に危険。位置情報共有アプリがインストールされていると、どこまで監視されてしまうのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

位置情報共有アプリでマップ上に表示

浮気性のパートナーを監視したいなら位置情報共有アプリ「Zenly」です。互いのスマホにインストールしておくと、マップ上で現在地を確認できます。ただし、自分の居場所も相手に知られることも忘れてはいけません。

位置情報共有アプリとして使用するには、事前に相手にもZenlyを登録してもらう必要があります。Zenlyに登録したら、監視したいパートナーを友達に追加するため、画面下部の「+」ボタンをタップ。友達の管理画面が開くので、「友達を追加」を選択して登録します。

友達登録されるとマップ上に居場所が表示される仕組み。これで、すでにリアルタイム監視の状態というわけです。なお、Zenlyは友達ごとに公開範囲を変えることが可能。「あいまいな位置」を選べば、自分の居場所をぼかすこともできます。

位置情報共有アプリで1日の行動表示

「Life360」は家族や仲間で使うことを想定した位置情報共有アプリです。相手の現在地が分かるだけでなく、移動履歴も記録されるので、いつどこに行ったのかまで調べられます。

ターゲットの移動履歴を調べるには、マップ上のターゲットを選んで履歴ボタンをタップ。すると、マップ上に選んだターゲットの1日の行動が表示されます。アプリ下部のスライダーを動かすことで、いつどこにいたかを確認できる仕組みです。

位置情報共有アプリを入れたスマホを、こっそりパートナーのカバンやクルマに忍ばせておけば、毎日の行動がすべて把握できるようになるでしょう。ただし、短時間しかいなかった場所は正確に記録されないため、移動ルートまでチェックすることは難しいようです。

自宅や職場などを登録しておくと、そこに到着・出発した際に通知が送られる機能も搭載。ターゲットが怪しい行動を始めたタイミングが把握できるので、尾行・追跡するのに活用するという利用方法もあるでしょう。

【関連リンク】
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
監視アプリがスマホに入っているか確認する方法
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「位置情報共有アプリでどこまで監視されるのか?