交通ルールや法令など運転に関する基礎知識は、クルマの運転免許を取得する際に教習所の座学で学びます。しかし、交通取り締まりに関する知識を教えてもらう機会はありません。安全運転を心がけるためにも、幅広く交通取り締まりの知識はマスターしておきたいところです。スピード違反は県境を越えると逃げ切れるのでしょうか。

スピード違反の追跡を諦めるという噂

スピード違反を待ち伏せする「ネズミ捕り」で引っかかた際、停止に応じず逃げ続けたらどうなるのでしょう。日本は地方警察制を採用しているため、都道府県の管轄を越えた業務は行えないのが原則。県境を越えると管轄外となり、警察はスピード違反の追跡を諦めるという噂があります。

しかし、たいていは県境にたどり着く前に警察無線で応援を呼ばれ、先回りされて停止させられるでしょう。また、ナンバーの照会で個人情報が特定されるため、仮にその場はパトカーを振り切ったとしても、完璧に逃げ切るのは不可能です。

ちなみに、パトカー追尾によるスピード違反の取り締まりは、運転専任1人、取り締まり専任1人という「ツーマンセル」で行うのが基本パターン。乗員が1人だけのパトカーは、事務的な移動中である場合がほとんどで、交通取り締まりは基本的に行いません。

とはいえ、油断してアクセルを踏み過ぎるのは危険。やはり、警察無線で近くにいるパトカーや白バイを呼ばれることになるからです。交通取り締まりの知識は、安全運転に生かしましょう。

レンタカーでオービスの取り締まり

旅行などでレンタカーを運転中に、オービスがピカッと光った場合、何事も無かったかのようにレンタカーを返せばスピード違反から逃げ切れるのでしょうか。

警察はオービスに移ったナンバーから所有者を特定します。それがレンタカー業者であれば、契約者情報から運転している人を探し出すので、呼び出しのお知らせ「運転免許行政処分出頭通知書」のハガキがちゃんと自宅に届きます。レンタカーでもオービスによるスピード違反からは、逃げ切ることはできません。

なお「運転免許行政処分出頭通知書」が届いて期日までに出頭しないと、再び呼び出しの通知が送られてきます。それを無視していると、またまた呼び出しの通知が送られてくると同時に、電話がかかってきて出頭を促されるのがよくあるパターンです。

それでも無視し続けると、免許の更新時に行政処分が執行されるので注意しましょう。運転免許の停止処分は6段階。「30日・60日・90日・120日・150日・180日」で免許が停止されます。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スピード違反は県境を越えると逃げ切れるのか?