今回の年末年始は移動を我慢した人も多かったかもしれませんが、実は高速道路に関する大きなニュースもありました。それは、新東名高速の静岡県内区間で最高速度が100km/hから120km/hにアップしたというもの。最高速度120km/hが実現できた裏には、警察内のある事情が関係しているのでした。詳しく見ていきましょう。

新東名の法定速度は100km/hのまま

2020年12月22日から、新東名高速の御殿場JCT~浜松いなさJCT間の最高速度が120km/hへと引き上げられました。すでに、新静岡IC~森掛川ICについては最高速度120km/hの実証試験が行われていましたが、今回の制限速度引き上げは正式に120km/hの最高速度を指定したものです。

実は、最高速度120km/hに指定されている高速道路は今回が初めてはなく、東北道の花巻南IC~盛岡南IC間の最高速度が2020年9月16日から120km/hとなっています。しかし、こちらの区間は約30kmと短く、100km以上の区間で最高速度120km/hが指定されるのは新東名高速が最初となります。

高速道路に限らず、最高速度には道路交通法施行令で決められた「法定速度」と、道路標識で指定する「指定速度」の2種類があります。そして、法定速度についてはバスと準中型自動車のトラック・乗用車・バイクは100km/h、その他の自動車は80km/hで今回も改正されていません。

新東名は警察庁の通達で120km/h実現

それでは、どのようにして高速道路の最高速度120km/hが実現したのかといえば、警察庁が出す通達「交通規制基準」が改正されたことによります。交通規制基準は、各都道府県公安委員会が道路標識などで交通規制を行う際の基準をまとめたもので、最高速度についてもこの通達が適用されるのです。

2020年8月26日の改正された交通規制基準では、高速道路の最高速度に例外規定が盛り込まれした。同通達によると、設計速度が120km/hで「実勢速度が100km/h以上」「死傷率が高くない」「片側2車線の場合は大型車の割合が少ない」などの条件を満たした場合、最高速度120km/hの指定が可能となるのです。

そして、この例外規定適用の条件として大きいものが「完成形である」という点です。新東名高速の場合、本来片側3車線で作られる予定のため、片側2車線区間は暫定開業扱いとなり完成形ではありません。今回、新東名高速で最高速度120km/hに指定されのは、片側3車線化工事が終わり完成形となった区間なのです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「新東名の最高速度120km/hが実現できたカラクリ