マイナンバーカードを普及させるために実施中のポイントプログラム「マイナポイント」の期限となる3月31日がいよいよ迫って来ました。「まだ2か月以上先では」と思う人もいるかもしれませんが、マイナンバーカード自体の発行に1か月かかるため、マイナンバーカードを持っていない人はすぐに申請しないと期限に間に合わないのです。

マイナンバーカードを発行する手続き

マイナンバーカードは、住民登録を行っている人に発行される12桁の番号「マイナンバー」を証明する顔写真入りのカードです。発行されたマイナンバーカードは、さまざまな公的機関で身分証明書として利用できるほか、内蔵された電子証明書を使って確定申告のオンライン申請などが行えるようになります。

マイナンバーカードを作成したい場合、まず思い浮かぶのは住民票がある市町村(東京特別区の場合は区)の窓口へ行くという方法です。しかし、住民票とは異なり役所・役場へ直接出向いても、その場でマイナンバーカードを手に入れることはできません。

これは、マイナンバーカードの発行手続きは市町村ではなく「地方公共団体情報システム機構」という団体が行っているためです。そのため、マイナンバーカード作成に関する申請は、オンラインまたは郵送で行った方が手軽です。このほか、街中に設置された証明写真機を使い申請するという方法も用意されています。

マイナンバーカードをスマホ申請する

顔写真入りとなるマイナンバーカードを作成するためには、マイナンバーのほかに顔写真が必要です。そのため、マイナンバーカードの発行で一番お手軽なのが、カメラ付きのスマホを利用して申請する方法。スマホで撮影した顔写真がそのなままマイナンバーカード申請に利用できます。

ただし、スマホからマイナンバーカード発行の申請を行う場合、2015年にマイナンバーが書かれた「通知カード」を郵送した際に同封された「マイナンバーカード交付申請書」が必要です。というのも、この申請書に印刷されたQRコードを利用してマイナンバーカード申請サイトへアクセスする仕組みのためです。

QRコードで申請サイトへアクセス後、次に連絡用メールアドレスを登録。すると、登録メールアドレスに顔写真登録用のURLが届くので、そこにアクセスしてスマホで撮影した顔写真をアップロードすれば申請手続きは完了です。

マイナンバーカードを郵送で申請する

以前に届いたマイナンバーカード交付申請書を紛失した場合はどうすればよいのでしょうか。実は、マイナンバーが書かれた「通知カード」だけでは、マイナンバーカードのオンライン申請を行うことができません。というのも、オンライン申請には、交付申請書に印刷された「申請書ID」が必要となるためです。

そこで、郵送されたマイナンバーカード交付申請書を紛失している場合は、申請書IDが不要な郵送申請を行うことになります。郵送申請で利用するマイナンバーカード交付申請書は、マイナンバー総合サイトからダウンロード可能です。

なお、現在マイナンバーカードの発行には申請から約1か月かかるといわれています。そこで、3月31日までが期限のポイントサービス「マイナポイント」の入手を考えている人は、少なくとも1月中には申請を済ませたほうがよいでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「締切迫る「マイナポイント」カード発行おさらい