各種の規制でアメリカは右ハンドル車の輸入ができません。しかし、製造から25年が経過するとクラッシックカーとして扱われるため、輸入が可能になります。これがアメリカの「25年ルール」です。そして今、この25年ルールによって、日本専用モデルの日産・R32スカイラインGT-Rの盗難が多発しているのでした。

25年ルールが中古価格の高騰を招く

アメリカの国内で販売されていないクルマは、アメリカの安全基準や排ガス試験を通っていないということ。このため、基本的には個人が輸入しても一般道を走ることができません。

しかし、製造から25年が経過した車種に関しては「クラシックカー」として登録できる制度があります。クラシックカーとして認められると、アメリカの安全基準や排ガス試験をパスせずとも、輸入が可能になります。これが「25年ルール」です。

つまり、製造から25年以上を経過しているクルマについては、右ハンドル車が輸入できないなどの規制があるアメリカでも、容易に輸入できるようになります。この25年ルールが、特定の人気車種の中古価格高騰につながり、ひいては盗難多発という現象まで招いているのでした。

日産の「R32スカイラインGT-R」は日本はもとより、海外でも人気の名車として知られています。製造されたのは1989~1994年です。

25年ルールでスカイラインGT-R盗難

25年ルールによってR32スカイラインGT-Rの輸出が始まったのは2014年からでした。その後、程度の良い車体がアメリカのオークションで1千万円で落札されたこともあって、国内の中古車相場が高騰したのです。

パトカーにも採用されたR32スカイラインGT-Rの総生産台数は、当時としては比較的多い4万3661台。それでも、程度の良い中古車は新車価格(450万円)を超えることもあるほどです。

こうして、1990年代のセキュリティレベルであるR32スカイラインGT-Rの盗難が多発することに…。盗難車は、事故車や走行距離10万km以上の車両、スポーツ走行でボディが痛んでいる個体などと合体させて1台を作ったり、パーツとして海外に持ち出されます。

次モデルのR33スカイラインGT-Rの製造開始は1995年。こちらも25年ルールの適用がスタート。歴代スカイラインGT-Rの盗難が、今後ますます増加していくことが懸念されています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スカイラインGT-R盗難が多発「25年ルール」とは