エアコンは設置すると簡単に取り外せないこともあってか、修理者向けの「故障診断モード」が備わっています。このため「調子が悪いかも」と感じたらエアコンの故障診断モードでエラーコードを確認。具体的な故障個所がわかります。さっそく、ダイキンとパナソニックのエアコンで故障診断モードに入る隠しコマンドを紹介しましょう。

パナソニックのエアコンの故障診断

パナソニックのエアコンのリモコンには「診断」用の凹ボタンが搭載されており、長押しすることで故障診断モードが発動します。上下ボタンを押して00から99まであるエラーコードをテストしていき、「ピー」っと鳴ったらそのコードで故障箇所がわかるのです。

パナソニックのエアコンの故障診断モードは、爪楊枝などを使って「診断」の凹ボタンを長押し。エラーコードは「H11」が室内と室外の通信異常、「H15」は室外圧縮機温度センサー異常、「H20」は室内ヒーター制御回路異常、「H25」は空気清浄異常といった具合に故障個所がわかります。

さらに「H50」は換気ファンモ-タ-異常、「H51」はフィルターそうじノズルロック異常、「H59」は赤外線センサー異常、「H98」は室内機のフィルタが目詰まり、「F13」は室内ヒータ断線異常、「F16」は冷房・除湿切換異常、「F18」は室内配管センサーの異常温度、「F90」は急速冷房・暖房時の制御基板の故障です。

ダイキンのエアコン故障診断モード

ダイキンのエアコンは、リモコンによって故障診断モードの入り方が変わります。ここでは「ARC478A30」を使ってテストしました。なお、故障診断モードを終了するには「取消」ボタンを5秒長押しします。

ダイキンのエアコンの故障診断モードは「取消」ボタンを5秒長押ししてから「取消」ボタンを1回押し。そして「ピー」っと連続音が鳴るまで取り消しボタンを押すことで故障個所がわかります。

連続音が鳴ると、リモコンの液晶にエラーコードが表示。「U0」は冷媒ガスが不足、「U4」は室内機と室外機の通信不備、「UA」はシステムの不具合か加湿ホース長の設定が必要、「E7」はファンモーターがうまく動いていないという意味です。

また「L5」はインバーター圧縮機の過電流、「A5」は熱交換器の温度が低下または上昇、「A6」はファンモータの不具合、「C7」はパネル開閉の不具合、「CL」はリモコンの温度センサーに不具合、「H1」は加湿ユニットのダンパーに不具合ということがわかります。

【関連リンク】
エレベーターのボタン2回押し以外の裏コマンド
TOTOのウォシュレットには隠しコマンドがあった
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
エレベーターのボタンをキャンセルするコマンド
Windows操作性が劇的に向上する“神”コマンド

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「エアコンを故障診断するリモコンの隠しコマンド