2020年3月のJRダイヤ改正で登場した特急「サフィール踊り子」は、全席グリーン車という豪華列車として高い人気となっています。とはいえ、高いグリーン料金が必要となるため、なかなか手が出ないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、実はちょっとした工夫でお得にサフィール踊り子へ乗ることができるのです。

サフィール踊り子は全席グリーン車

JR東日本と伊豆急行が2020年3月から東京駅~伊豆急下田駅間で運行を開始した特急「サフィール踊り子」は、JRでは初となる全席グリーン車編成の毎日運行列車です。このような編成は国鉄時代にもなく、三等車や普通車が連結されない列車が毎日運行されるのは、太平洋戦争前の鉄道省時代以来ということになります。

さらに、サフィール踊り子には毎日運行の特急では久しぶりとなる食堂車(カフェテリア)も連結されたことも注目されました。食堂車は原則事前予約が必要ですが(個室グリーン車の乗客にはデリバリー対応)、ヌードル(ラーメン)やマドレーヌ、クラフトビールなどを楽しめます。

全席グリーン車のサフィール踊り子に乗車するためには乗車券・特急券・グリーン券の3種類が必要で、東京駅~伊豆急下田駅に乗車すると合計料金は9110円。プレミアムグリーン車であれば1万1430円と片道1万円を超えてしまいます。ところが、ある方法を使うと2千円以上も節約してサフィール踊り子へ乗れるのです。

サフィール踊り子は横浜発着にする

その方法は簡単で、東京駅や品川駅発着ではなく横浜駅発着でサフィール踊り子を利用するというもの。横浜駅~伊豆急下田駅で乗車した場合、グリーン車は合計料金が6780円、プレミアムグリーン車は9100円と、それぞれ東京駅発着より2330円割安となります。

横浜駅発着で割安な理由は、JR東日本路線を乗車する距離。東京駅~伊東駅は121.4kmなのに対し横浜駅~伊東駅では92.4kmと100kmより短くなります。JR東日本の特急券・グリーン券は100kmを境に料金が大きく変わる仕組み。このため、東京駅発着と横浜駅発着で運賃差が620円にも関わらず、合計料金が2千円以上割安になるのです。

一方、伊豆急行路線分については特急券・グリーン券の料金は均一制となっており、グリーン車の場合1190円、プレミアムグリーン車で2010円です。そのため、横浜発着であれば伊豆高原駅発着ではなく伊豆急下田駅まで利用した方が、同じ特急・グリーン料金で長くサフィール踊り子を楽しめることになります。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JR東日本の豪華特急に割安な料金で乗る方法