4K放送に加え、NetflixやYouTubeでも増えつつある4Kコンテンツを楽しむために、そろそろ4Kテレビを…という人にピッタリなのが「格安4Kテレビ」です。一昔前までは10万円以上が当たり前でしたが、最近では価格もこなれてきて格安4Kテレビの選択肢も増えています。格安4Kテレビで狙い目のブランドを見ていきましょう。

格安4Kテレビはゲオブランドが狙い目

そもそも4Kテレビとは、現在の地上デジタル放送の約4倍の画素数という高画質な映像が楽しめるテレビ機器のこと。2018年12月にBS/110度CSでの4K放送がスタートしましたが、地上波の放送はまだ始まっていません。

NetflixやYouTubeで配信されている4Kコンテンツを楽しむだけなら、手頃な価格の4Kチューナー非搭載モデルで十分でしょう。格安4Kテレビを価格重視で選ぶならビデオレンタルやゲームソフト販売で知られるゲオが販売する「AX-KH43T」(実勢価格:32,780円)が狙い目です。

43型4Kパネル・ベゼルレスフレーム・ソシオネクスト製の国産映像エンジン搭載など魅力的な要素がてんこ盛りで、3万円台という衝撃価格が最大の特徴です。チューナーは地デジ・BS・110度CS×2を備え、裏番組録画にも対応。HDR10に加え、HDMI端子を4つとコンポジット、USB3.0を含む2つのUSB端子を搭載しています。

格安4Kテレビながら明暗がくっきり

格安4Kテレビとはいえ、HDD録画にも対応します。外付けHDDの容量は最大6TBで、Wチューナーによる裏番組録画もOK。録画時間が表示されるので、容量の管理も容易です。EPGに加えジャンル別の番組検索ができ、予約録画などの基本的な機能を備えています。

録画番組は「ジャンル別」「未視聴」などでリスト分けされるので、管理も簡単でしょう。また「視聴予約」しておくと番組開始時刻に自動でチャンネルが切り替わるので、リアルタイムで見たい番組も忘れずにチェックできます。

気になる画質は格安4Kテレビでも発色も良く、明暗がくっきり。微細なテクスチャまでしっかりと描画でき、ベゼルレスフレームが没入感をアップしてくれます。視野角は上下左右178度で、斜めや下からでも見えづらくなることはありません。

ちなみに、NetflixやYouTubeといったテレビアプリは実装されていないので、「Fire TV Stick 4K」などと組み合わて使うのが正解でしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「驚きの3万円台「ゲオ」格安4Kテレビの評価は?