ブルーレイ・DVDから取り込んだデータをディスクに書き込むなら、ライティングツール「ImgBurn」が便利です。ImgBurnは無料ツールでありながら操作性や安定性に定評があり、多くのユーザーが使用し続けている鉄板ソフトです。DVDFab12の試用期間が過ぎてしまっても、ImgBurnを使えば、メディアへの書き込みに困ることはありません。

ImgBurnは専用パッチで日本語化する

「ImgBurn」は、無料とは思えないほど多機能で安定性にも定評があるライティングツール。リッピングしたデータを、他のBD-RやDVD-Rに書き込む際に使用します。さっそく、ImgBurnを使ってISOイメージ、BDフォルダ、DVDフォルダをメディアに書き込む方法を紹介しましょう。

ImgBurnは標準では英語表記になっているため、まずは専用パッチで日本語化します。ダウンロードしたZIPファイルの中にある「Japanese.lng」ファイルを、ImgBurnのインストールフォルダの中の「Language」フォルダ内にコピーすればOKです。

ImgBurnでISOイメージをメディアに書き込むなら「イメージファイルをディスクに書き込み」をクリック。入力元にISOイメージを選択し、出力先にドライブのディスクを設定します。ウインドウ左下のコピーアイコンをクリックすれば書き込みが開始される仕組みです。

DVDフォルダをメディアに書き込むなら「ファイル/フォルダーをディスクに書き込み」をクリック。ウインドウ左上の入力元にDVDフォルダ(「VIDEO_TS」「AUDIO_TS」の2フォルダ)をドラッグ&ドロップします。コピーアイコンを押せば書き込み開始です。

ImgBurnのコピーアイコンで書き込み

ImgBurnでBDフォルダをメディアに書き込む場合は「ファイル/フォルダーをディスクに書き込み」をクリック。ウインドウ左上の入力元にBDフォルダ(「BDMV」「CERTIFICATE」の2つ)をドラッグ&ドロップします。

オプションの「ファイルシステム」を「UDF」、「UDFリビジョン」を「2.60」(BD-ROM、BD-REの場合は「2.50」)に変更。さらに「ラベル」タブの「UDF」の欄に任意のラベル名を記入します。コピーアイコンをクリックすると書き込みスタートです。

なお、PCに保存したISOイメージを他のフォーマットに変換したり、メディアに書き込むのが面倒…という場合は、ISOイメージをそのままPC上で再生できる無料のメディアプレーヤーを使えばOKです。

「Leawo Blu-ray Player」は、ブルーレイ・DVDに加え、ISO/MP4/WMV/AVI/AVC/MTS/AVCHD/MPEGといった、さまざな形式の動画ファイルが再生可能。しかも、無料のメディアプレーヤーにありあがちな、透かしロゴやポップアップ広告が一切表示されないという、素晴らしい仕様。各種動画再生に重宝するでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「無料ツールでリッピングデータをディスクに焼く