Suicaを利用してJR東日本路線に乗るとポイントが貯まる「JRE POINT」は、沿線に住む人であれば必ず会員登録しておきたいサービスです。そして、JRE POINTはSuicaを利用するだけで貯まるだけではありません。JRE POINT加盟店でのショッピングで「JRE POINTカード」を見せて貯まるポイントも存在するのです。

JRE POINTカードをSuicaと別に用意

JR東日本の「JRE POINT」は、登録したSuicaでのJR東日本路線への乗車や、キオスクをはじめとするJR東日本各駅内や駅ビルにある加盟店でのショッピングでポイントが貯まるポイントプログラム。貯まったポイントは、Suicaへチャージ残高として戻せるほか、さまざまなグッズへ交換できます。

ポイント還元率は利用方法により異なり、一番還元率が高いのがモバイルSuicaでJR東日本路線へ乗車したケースで「2%」。カード式Suicaで乗車すると「0.5%」と還元率が下がり、駅売店でのショッピングに関しては「0.5~1%」です。

JRE POINTで注意しなければならないことが2つあります。1つはSuicaを利用するだけで貯まるわけではなく、あらかじめJRE POINT会員になった上でSuicaを登録するという作業が必要なこと。会員登録とSuicaの登録はWeb上から行います。

もう1つの注意点は、登録したSuicaを利用するだけではポイントが貯まらない店舗があることです。鉄道利用や駅内の店舗は登録したSuica利用でOKですが、駅ビル内でポイントを貯めるにはSuicaとは別に、会計時に「JRE POINTカード」を見せる必要があります。

JRE POINTカード兼用のビューカード

JR東日本の系列会社、ビューカードが発行するクレジットカードを持っている場合、そのカード自体がJRE POINTカードも兼ねていて、16桁のカード番号の下にJRE POINT用の番号が合わせて記載されています。この番号を使って、Suica同様にWebサイト上で追加登録をすればOKです。

一方、ビューカードを持ちたくないという人の場合は別途「JRE POINTカード」を作成する必要があります。このカードは、クレジットカードやデビットカードの機能はなく、純粋にJRE POINTのポイントを貯めるために使用するもので、発行手数料は無料です。

JRE POINTカードの申し込み・作成はWeb上からは行えず、駅ビルなどのJRE POINT加盟店へ行き、専用の申込用紙へ必要事項を記入して、店舗側に渡すという手順になっています。そして、申込用紙に貼られたJRE POINTカードを受け取り、会員サイトへログイン後、カード上に書かれたJRE POINT番号を登録すれば登録作業は完了です。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗でJRE POINTカードの新規入会の受付を取りやめています。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Suicaとは別に「JRE POINTカード」持つべき理由