「ブラックカード」は、ゴールドやプラチナの上を行く最高ランクのクレジットカード。選ばれた人だけが持ついことを許される、ステータスの高さで知られています。そして、唯一の国産クレジットカードブランドであるJCBのブラックカードが「JCBザ・クラス」。一般的なブラックカードに比べて、手頃な年会費が魅力です。

JCBブラックカードは数少ない招待制

「JCBザ・クラス」は唯一の国産クレジットカードブランドであるJCBの最上位。いわゆるブラックカードです。JCBザ・クラスは、手厚い特典サービスを受けつつ、比較的手軽に維持できるブラックカードとして人気です。

JCBザ・クラスは、国内では数少ない招待制のカードで、JCBプロパーカードでの利用実績に応じてインビテーションが届く、ステータス性の高いカードといえるでしょう。

代表的なプラチナ・ブラックカードの年会費といえば、アメックス・プラチナカード、ダイナースクラブ・プレミアムカードが14万3千円、アメックス・センチュリオンカードが35万円と非常に高額。それに対して、JCBザ・クラスの年会費は5万5千円です。

決して安くはありませんが、他のプラチナ・ブラックに比べると、かなりお手頃。年に1回、約2万5千円分のギフトがもらえるメンバーズセレクションや、高級レストランでの食事が2名以上の利用で1名分無料になるグルメベネフィットといった特典サービスを利用することで、十分に元が取れる金額でしょう。

JCBブラックカード年会費の元を取る

JCBザ・クラスを持つ大きなメリットに、24時間対応の専用デスクが用意されたコンンシェルジュサービスがあります。コンシェルジュサービスとは、飲食店の予約や旅行の手配などを代行してくれるサービスです。

例えば「家族旅行の航空券を手配してほしい」「実家に母の日のプレゼントを贈ってほしい」といった依頼が電話1本で可能。特に強みを発揮するのがホテルや航空券の手配です。

国内の大手旅行代理店と提携するJCBトラベルのサービスが利用可能で、公式サイト上では空きが無いホテルや航空券も高い確率で手配してくれます。年末年始といったハイシーズンでも、コンシェルジュデスクを利用することで通常のルートでは確保できない航空券やホテルの空室を電話1本で押さえられるのです。

これらのサービスを使い倒せば、JCBのブラックカードの5万円超の年会費は、十分に元が取れるといえるでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JCBの「ブラックカード」年会費の元は取れる?