今、全国の警察で無線のシステムを大きく切り替える動きが進められています。新しく使われる「IPRシステム」は、これまでの警察無線のさまざまな機能が統合された新方式。警察側にはそうせざるを得ない事情がありました。というのも、古い方式のままでは、警察無線自体が使えなくなる恐れがあったからです。

警察無線の車載通信系が新方式に移行

現在、各都道府県警では警察無線のうち都道府県単位で利用する「車載通信系」について、新方式の「IPRシステム」への置き換えが進んでいます。千葉県警のようにすでに切り替え済みの県警もあり、2022年までには移行作業が完了予定です。

車載通信系は、都道府県内全域をネットワークで結ぶ、警察無線のメインにあたるもの。基本的にパトカーや白バイに搭載され、通信には150MHz帯の電波を利用しています。これまで、2003年に導入された「APRシステム」が使われていましたが、IPRシステムはこれに代わるものです。

警察庁はAPR無線機の老朽化や、350MHz帯を利用した警察専用の携帯電話「WIDEシステム」や無線情報端末「PATシステム」との統合による通信の効率化などをIPRシステム導入の理由として発表しています。しかし、じつは2022年末以降は現行のAPR無線機が使えなくなるという裏事情があるのです。

警察無線もスプリアス発射の新規格

APR無線機が使えなくなるのは、本来必要な周波数帯の外で漏れている電波「スプリアス発射」に関する規格が2022年12月以降は厳しくなるため。スプリアス発射の新規格は、電波を出す無線機すべてが対象で、警察無線も例外ではありません。

新規格に対応する方法は2つ。1つは古い無線機について製造メーカーなどが認証を取り直すというもの。趣味で古い無線機を使い続ける人が多いアマチュア無線の場合、こちらの対応をするモデルも数多くあります。

そして、もう1つの対応方法が、無線機自体を新しくして新規格に対応するという方法。警察無線のAPRシステムについては、2022年の新規格対応をひとつのタイミングとして、新方式の警察無線への切り替えを決めたということです。

なお、警察署単位で使われる350MHz帯の署活系無線は、すでに2011年からGPS連携機能などを搭載する新方式「地域デジタル無線システム」に切り替わっています。こちらはスプリアス発射の新規格にも対応済みです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察無線に急ぎで新方式を導入している裏事情