警察の「覆面パトカー」には大きく2種類あります。速度違反で猛威をふるう交通取り締まり用と、刑事が使用する捜査用の覆面パトカーです。捜査用の覆面パトカーの目印といえば、緊急時にルーフに載せるマグネット式の赤色灯です。捜査用の覆面パトカーが駐車違反対策から身を守るテクニックを見ていきましょう。

捜査用の覆面パトカーはマイナー車種

トヨタ・クラウンが主力車種となっている交通取り締まり用の覆面パトカーと比べて、捜査用の覆面パトカーはマイナーな車種がほとんど。トヨタ・アリオンやスズキ・キザシなどがよく見られる車種です。

刑事が使う捜査用の覆面パトカーは、交通取り締まり用の覆面パトカーのように後部座席に違反者を乗せることはありません。元刑事によれば「灰皿にはタバコの吸い殻は入っているし、ドリンクホルダーには缶コーヒー、今の連中はコンビニのドリップコーヒーかな」と話します。

「基本的には現場への“足”。移動手段であって、取り締まり用のクルマではないからね」とのこと。「会社の営業車みたいな感じで、みんなで使うから誰もちゃんと掃除しない」ことから、捜査用の覆面パトカーの車内はどうしても雑然としてしまいます。

捜査用の覆面パトカーの駐車違反対策

捜査用の覆面パトカーといえば、刑事の張り込みをイメージしますが「張り込みをするのにクルマは使わない。路駐のクルマに男が2人乗っていたら逆に目立つでしょ。あれは刑事ドラマの中の話」といいます。

そんな捜査用の覆面パトカーが、あえて助手席やダッシュボードに赤色灯を置いておくことがあります。実はこれ、駐車違反対策です。「昔はミニパトの婦警さんが、同業者と気が付かないで駐車違反ステッカーを貼っていた。今は駐車監視員」といいます。

しかし、時には駐車違反対策をを忘れることもあるとか。「クルマに戻ってきたらステッカーが貼られていて、お互い顔を見合わせて苦笑い」と話します。捜査用の覆面パトカーの助手席などに置かれた赤色灯は、駐車監視員に警察車両であることをさりげなくアピールしていたのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「覆面パトカーが駐車違反から身を守るテクニック