見られてマズいアプリはアイコンを変更して隠す

スマホでこっそり利用している出会い系やパパ活アプリを、ホーム画面に置いておくのは危険。使っていることを誰にも知られたくないアプリは、アイコンを変更して偽装しておくと安心です。Androidならランチャーの機能で簡単に隠すことが可能。iPhoneでもアイコンを変更してしまえば誰にも見つかりません。
アプリ名やアイコンを編集画面で変更
見られてマズいアプリを隠すなら、Androidスマホは「Nova Launcher Prime」を活用。アプリを導入したら、アプリ一覧で隠したいアプリの編集画面を開きます。ここで、アプリ名やアイコンを変更できるのです。
例えば、電卓アプリに変更して偽装。電卓アイコンをタップすると、いつもの出会系アプリが起動するというわけです。アプリの価格は600円で、Google Playで入手できます。
また、Huaweiの一部スマホでは「PrivateSpace」という機能を搭載。カギ付きの秘密部屋を作ることができるので、ここに出会い系アプリをインストールしておけば見つかりにくいでしょう。
変更したアイコンをホーム画面に追加
iPhoneで見られてマズいアプリを隠すなら「URLスキーム検索」と「Pochitt」を利用します。まずは隠したいアプリアプリフォルダの2ページ目に移動。ここで「URLスキーム検索」アプリを使い、隠したいアプリのURLスキームを探してコピーします。
続いてアイコン作成アプリ「Pochitt」を起動して、メニュー画面の「CUSTOM」を選択。アイコンのアプリ名とアイコンを設定し、コピーしたURLスキームを貼り付けます。
アドレス情報が作られたら、SafariのURLバーに入力して開き、メニューの「ホーム画面に追加」を選択。すると、偽装アイコンに変更されるというわけです。これで、見られてマズいアプリも安心してホーム画面に置いておけます。
【関連リンク】
  • 「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
  • 監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
  • 追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
  • 監視アプリがスマホに入っているか確認する方法
  • ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...