「TVer」は在京民放5社が運営する公式テレビポータルサイトです。テレビで放送されたドラマ・バラエティ・アニメといった番組が、放送後7日間見放題になる「見逃し配信」をメインに、さまざまな動画をPCやスマホなどで、全部タダで楽しめます。そんなTVerを120%楽しむテクニックを紹介しましょう。

TVerの気になるCMをカットする方法

在京民放5社が運営する公式テレビポータルサイト「TVer」は、PC以外にもさまざまな視聴環境に対応しています。スマホアプリに加え、テレビアプリやChromecast&Amazon Fire TVを使って大画面のテレビでも視聴可能です。

そんなTVerを利用していて、まず気になるのがCMの多さ。動画を再生するたびに15~30秒のCMが入り、シーンを飛ばすとさらにCM…。もちろんスキップなどはできないので、すべて見るまで本編が始まりません。

そこで活用したいのが「Braveブラウザ」です。「BraveShields」という広告ブロック機能を搭載したWebブラウザで、TVerのCMをブロックできます。ブラウザの動作も軽く、何より煩わしいCMが一切入らなくなるので、TVer専用として活用しましょう。

スマホでもTVerのCMを自動でカット

パソコンでTVerを楽しむなら、ブラウザのメニューから設定を選び「Shields」の項目にある「トラッカーと広告をブロック中」を「積極的」に設定。あとはTVerのサイトにアクセスして動画を再生するだけです。すべてのCMがブロックされます。

スマホでTVerを楽しむなら「Brave」アプリを利用します。Braveアプリを起動して、右下のメニューをタップして「設定」を選択。ここで「広告と追跡をブロック」と「地域別広告ブロックを使用」をONにしてください。

続いて、TVerにアクセス。メニューから「共有」をタップします。「デスクトップサイトをリクエスト」を押し、動画を再生するとCMがブロックされるのです。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「TVer」でやたらと挟み込まれるCMを完全カット