スマホにSuicaを内蔵してアプリから使う「モバイルSuica」。カード式Suicaと違い、クレジットカードからいつでもチャージできるため、チャージ残高不足に悩む心配もなく便利です。とはいえ、何らかの事情から現金でチャージしたいとき、普通の券売機ではチャージできません。何か方法はあるのでしょうか。

モバイルSuicaに現金チャージする場面

JR東日本の「モバイルSuica」は、スマホ内蔵のICカード機能を使うタイプのSuicaです。チャージやSuicaグリーン券の購入は、専用アプリをダウンロードしアプリ上から行う仕組みで、登録したクレジットカードまたは銀行口座から引き落としとなります。

モバイルSuicaはアプリでチャージするため、スマホがつながる場所であれば全国どこでもチャージが可能。このため、交通系ICカードのなかでモバイルSuicaが圧倒的に便利といわれています。

とはいえ、クレジットカードが限度額オーバーしたなど何らかの理由で、現金でモバイルSuicaへチャージしたくなる場面も考えられます。意外と知られていませんが、モバイルSuicaに現金でチャージする方法を見ていきましょう。

モバイルSuicaに現金チャージする端末

モバイルSuicaに現金チャージする方法は2つ。1つはチャージ対応の店舗に行って手続きをする方法です。対応しているのは、JR東日本のキオスクや駅ビル、そしてセブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンといったコンビニです。

こうした対応店舗では、レジの店員に「チャージしたい」と告げてモバイルSuicaとチャージ分の現金を手渡すと、レジを使ってチャージ作業を行ってくれます。また、セブン-イレブンの場合はセブン銀行のATMを使って、モバイルSuicaに現金チャージすることも可能です。

そして、2つめはJR東日本の駅にある、モバイルSuica対応のチャージ専用機から行うという方法。すべての駅に設置されているわけではありませんが、Suicaを置いてチャージを行うタイプの機種の場合、モバイルSuicaに現金チャージできます。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「モバイルSuica「現金」でチャージする2つの方法