ディズニーファンの人であれば、大手クレジットカード会社のJCBが東京ディズニーリゾートオフィシャルパートナーになっていることはご存じでしょう。JCBでは東京ディズニーリゾートと提携したカード「ディズニーJCBカード」を発行中。ディズニーライフを楽しむ人にとって、このカードはどれぐらいお得なのでしょう。

ディズニーJCBカードが限定グッズ

JCBが発行する「ディズニーJCBカード」は、同社がオフィシャルパートナーを務める東京ディズニーリゾートとの提携カードです。ディズニーJCBカードには一般カードとゴールドカードの2種類があり、年会費は一般カードが2200円、ゴールドカードが1万4300円となっています。

ディズニーJCBカード最大の特徴は、カードにミッキーマウスをはじめとしたディズニーキャラクターなどがデザインされていることでしょう。ディズニーキャラクターがデザインされたクレジットカードは国内でほかになく、カード自体がディズニーの限定グッズともいえます。

さらに、毎年カードを更新するたびオリジナルグッズのプレゼントがあるほか、ミッキーマウスをイメージしたQUICPAY決済用キーホルダー「QUICPay for ディズニーJCBカード」も770円で入手可能。なお、キーホルダーにはディズニーJCBカード以外のクレジットカードを登録してQUICPayで利用はできません。

ディズニーJCBカードの還元率は?

ディズニーJCBカードのポイントプログラムは、独自のディズニーポイント。一般カードで200円につき1ポイント、ゴールドカードでは100円につき1ポイントとなっていて、1ポイント=1円として東京ディズニーリゾートやオンラインストアを含む各地のディズニーショップで利用可能です。

JCB標準のOkidokiポイントの場合、JCBギフトカードへ交換する場合の還還元率は0.5%となっています。一方、ディズニーJCBカードの場合、ゴールドカードを選ぶと還元率が1%と2倍に。国内空港ラウンジ利用など、JCBゴールドカード共通サービスにも対応しています。

さらに、2021年1月15日までの期間限定で、QUICPayにディズニーJCBカードを設定して東京ディズニーリゾートおよびディズニーストアで利用すると、ディズニーポイントが3倍となるキャンペーンも実施中。一般カードであればポイント還元率1.5%、ゴールドカードであれば還元率3%とお得な内容となっています。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ディズニー提携「JCBカード」どれくらいお得?