路上駐車をしてちょっと用を足して戻ってみると、フロントガラスに貼られた「駐車違反ステッカー」を発見。思わずビリビリに破り捨ててしまいたくなるところです。じつは駐車違反のステッカーは破り捨てても問題なし。実際、駐違反ステッカーには運転する時はこの標章を取り除くようにと書いてあるのでした。

以前の駐車違反ステッカーはカギ付き

以前の駐車違反は、警察官がカギ付きの駐車違反ステッカーをドアミラーなどに取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るシステム。カギを開けてもらうため違反者は出頭せざるをえませんでした。このため、駐車違反ステッカーは大事に保管するものと思っている人も多いでしょう。

2006年に導入された駐車監視員制度以降、駐車違反のステッカーには保管しておくとか、どこかへ提出するなどの記載は一切ありません。むしろ「運転するときは、交通事故防止のため、この標章を取り除いてください」と印刷されているのです。

駐車監視員や警察官がクルマを運転者がそばにおらず直ちに運転できない状態である「放置車両」と確認したことと、ナンバー情報はしっかり記録されています。警察はナンバーから持ち主を割り出して、持ち主に放置違反金の納付書などを郵送するだけです。

このため、駐車違反ステッカーを貼られても警察へ出頭する必要もありません。クルマの持ち主として放置違反金を払えば手続きは終了。金額は通常の駐車違反の反則金と同額ですが、違反キップは切られず違反点数も付きません。

駐車違反ステッカーで出頭は損をする

ところが、そうとは知らず駐車違反ステッカーを持って警察へ出頭する人がいます。すると、警察は原則として青キップを切らなくてはなりません。そして、青キップを切られれば1~3点の違反点数も付いてしまうのです。駐車違反ステッカーで警察に出頭すると、点数分だけ損してしまいます。

駐車監視員制度が導入された理由は、以前の駐車違反の取り締まりシステムでは、出頭しない違反者の追跡捜査に手間がかかったため。そこで、出頭させて違反キップを切るスタイルから、ナンバーから判明した車両の持ち主に放置違反金という新しいペナルティを払わせる形に変更したのです。

なお、半年に3回、駐車違反を繰り返すと、所有者責任としてクルマの使用制限命令が出ます。駐車違反は迷惑なだけでなく危険を伴うことがあるもの。交通ルールはしっかり守りましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「駐車違反ステッカーは破り捨てて問題なかった件