毎日クルマに乗るドライバーでも、意外とチェックを怠りがちなのが「タイヤ空気圧」です。タイヤ空気圧は、低すぎるとパンクを起こしやすくなる一方、高すぎるとタイヤバーストにつながるので、適切な管理が欠かせません。そのタイヤ空気圧を、リアルタイムでスマホからチェックできるアプリが公開されています。

タイヤ空気圧の低下をセンサーが検知

1888年、空気入りタイヤが生まれて以来の命題がパンク。タイヤがパンクすると走れなくなるだけでなく、走行中であればクルマを制御できなくなり、事故にもつながりかねません。

そこで近年、欧米では新車に装着が義務付けられるようになったのが「TPMS(Tire Pressure Monitoring System)」。タイヤ空気圧の低下をホイールの内側に付けた圧力センサーが検知して、車内の受信機に知らせてくれます。センサーからの情報は、無線で車内に送信する仕組みです。

リアルタイムでタイヤの空気圧をチェックできる上、設定空気圧以下になると警告を鳴らす機能も搭載。新車に標準装備しているようなセンサーは、ホイールの内側にあるため後から付けるのはやや大変です。

タイヤの空気圧や温度をアプリで確認

しかし、最近はエアバルブキャップと取り換えて付けるお手軽な製品が続々と登場。センサーからの情報もBlueToothを利用することで、スマホアプリでリアルタイムでチェックできるのです。

そんな簡易版TPMSといえるのが、FOBOのタイヤ空気圧モニタリングシステム「FOBO Tire Plus」です。タイヤセンサーはエアバルブのキャップと取り換える形で装着します。

スマホの専用アプリでタイヤの空気圧や温度を確認できるのが最大の特徴。空気圧が低下した場合には、警告音に加え、該当するタイヤが赤く表示され、すぐに異常が分かる仕組みになっています。

また、メールアドレスを登録しておけばスマホのメール経由で、クルマの空気圧の情報を他の人と共有可能。実勢価格は34,560円となっています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「タイヤ空気圧の低下を検知するパンク警告アプリ