今年4月から本格サービスが始まった、NHKのネット配信サービス「NHKプラス」。NHKプラスは建前上、NHKと受信契約を結んだ人向けとはなっていますが、わざわざID登録やログインを行わなくても一部の機能を使うことができます。このように、テレビを持たずにNHKプラスの一部機能だけを使っている場合、NHK受信料は必要なのでしょうか。

NHKプラスのフル活用には受信契約

「NHKプラス」は、NHKの地上波テレビ放送をネットで配信するサービスです。配信されるのは、東京で放送している総合テレビ・Eテレの番組で、地上波と同時(数十秒のタイムラグあり)に配信される「常時同時配信」と、1週間前までの番組を追いかけ再生できる「見逃し配信」があります。

常時同時配信については、現在のところ毎日6~24時となっていて、アニメやスポーツ中継などは権利関係上から一部番組は配信が行われず「この番組は、同時配信しておりません」というメッセージが現れます。見逃し番組も同様で、すべての番組が1週間見られるわけではありません。

NHKプラスの機能をフル活用するためには、NHKから利用IDを発行してもらう必要があり、発行はNHKと受信契約を結んでいる人にのみ行われます。「NHKプラス」という名称には、受信契約者向けの追加サービスという意味も含まれています。

NHKプラスは受信契約なしで利用可能

じつは、NHKと受信契約を結んでいないとNHKプラスがまったく見られないわけではありません。NHKプラスをID入力せずに利用すると、常時同時配信のみが視聴可能で、画面右下に4分の1程度のサイズで、NHKプラスのIDでログインしてくださいといった内容のメッセージが表示されます。

不完全なものの、NHKと受信契約を結ばなくてもNHKプラスは利用可能です。そこで気になるのはテ、レビを持たずにNHKプラスだけを視聴していた場合、NHKと受信契約を結ぶ必要があるのかという点です。じつは、いまのところIDなしでNHKプラスを視聴するだけであればNHK受信料は必要ありません。

放送法では、テレビ放送を受信できる設備を持っている人はNHKと受信契約を結ばなくてはならないという規定。一方、NHKの資料では、NHKプラスは「放送の補完」という扱いで放送と区別していて、NHKプラスが視聴できるパソコンやスマホは「テレビ放送を受信できる設備」にはならないからです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ネット配信「NHKプラス」見るにも受信料は必要?