最近の新車では、純正のカーナビにテレビ機能が付いていることがほとんど。そのため、カーナビ付きの自動車を持っているだけでNHK受信契約の義務が発生してしまいます。とはいえ、走行中にテレビ画面が映らない純正カーナビのためNHK受信料を支払うのは馬鹿らしい話です。何とか、NHK受信契約を回避する方法はないでしょうか。

カーナビでもNHK受信料支払いが必要

NHKとの受信契約は放送法上、テレビを受信できる設備を所有している人であれば必ず結ばなくてはいけないという規定になっています。この「テレビを受信できる設備」には、普通のテレビだけでなく、スマホに内蔵されているワンセグ機能やテレビが受信できるカーナビも含まれます。

ただし一般家庭の場合、住んでいる世帯がNHK受信契約を結んでいれば、スマホやカーナビも「同一世帯内」という扱いになり、追加でNHK受信契約を結ぶ必要はありません。問題になるのは、自宅ではテレビを持たずにカーナビだけにテレビ受信機能が付いているといったケースです。

実は、このケースでNHKを相手に「受信契約を結ぶ義務がないことを確認する」という民事訴訟が行われたことがあります。2019年5月15日に東京地裁が出した判断は、NHK受信契約を結ぶ義務があるというものでした。つまり、現状ではカーナビだけ持っていてもNHK受信料の支払いが必要となるのです。

カーナビでNHK受信料を払わない方法

純正カーナビのテレビ受信機能は、安全確保のために自動車が動いている間はテレビ画面が映らず、音声のみに切り替わる仕組みです。実質ラジオ同様にも関わらず、テレビのNHK受信料を支払うことはもったいない話。何とかNHKと受信契約を回避したいと考えている人も少なくないでしょう。

カーナビに関するNHK受信契約を結ばない方法として、まず考えられるのは、テレビ受信機能のない外付けカーナビを取り付けるというもの。実際、「業務用」として販売されているテレビ受信機能なしのモデルもあり、これを取り付ければNHK受信契約を結ぶ必要はありません。

ところが、最近発売される自動車では、バックモニターなどの安全機能をフル活用するためには純正カーナビでないとダメという車種も増えています。さらに、マツダのように純正カーナビ自体が独特の取り付け方法となっていて、外付けカーナビに変えられないケースもあります。

こうした場合、車種にもよりますが新車購入時にテレビチューナーなしの設定を選ぶことで、NHK受信契約を回避できることもあります。例えばマツダ・CX-5の場合、一部の特別仕様車を除きテレビチューナーがオプションとなっているため、これを追加しなければOKです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?