JR東日本は、公式予約サイト「えきねっと」の会員限定で新幹線の乗車料金が50%オフになる「お先にトクだ値スペシャル」を実施中です。大幅値引きされることが少ない新幹線の料金が通常時の半額になるというのはインパクト大でしょう。利用期間も2021年3月31日までなので、年末年始の旅行もOKです。

新幹線料金が50%オフは座席数に限り

新幹線の乗車料金が50%オフになる「お先にトクだ値スペシャル」の対象は、JR東日本の全方面の新幹線と一部特急電車。乗車日の1か月前(午前10時)から20日前(午前1時40分)までに、えきねっとでの予約が必要です。

キップは、乗車券と指定席特急券(普通車)のセットで、早朝から深夜まで対象区間のほぼすべての列車に適用されます。キャンペーン対象になる座席数には限りがあるので、目当てのキップは早めのゲットが正解です。

割引対象となる区間はあらかじめ設定されており、乗車駅と降車駅は指定されています。おもな設定区間と料金は「はやぶさ」は東京~盛岡の通常14,810円が特別価格の7,400円、東京~新函館北斗の通常23,230円が特別価格11,610円、仙台~新青森の通常11,220円が特別価格5,610円です。

さらに「やまびこ」は東京~福島の通常8,910円が特別価格4,450円、「なすの」は東京~那須塩原の通常5,820円が特別価格2,910円、「こまち」は東京~秋田の通常17,920円が特別価格8,950円です。

新幹線料金の半額で購入して途中下車

「つばさ」は東京~山形の通常11,350円が特別価格5,660円、「とき」「たにがわ」は東京~新潟の通常10,560円が特別価格5,280円、「あさま」は東京~長野の通常8,140円が特別価格4,060円となっています。

割引対象区間が設定されているとはいえ、例えば東京駅から米沢駅に行きたい場合、設定区間である東京~山形のキップを割引価格(5,560円)で購入し、手前の米沢駅で途中下車すればOKです。また、乗り越しでもたいていの場合、対象外の区間分を清算すればキャンペーンの恩恵を受けられます。

なお、北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」は半額になる期間が9月30日までと短い設定でしたが、この2つには別途、30%引きのネット限定キップ「お先にトクだ値」が2021年3月31日まで設定されています。

東京から地方への旅行はもちろん、地方から東京への移動にも使えるので、活用の幅は非常に広いでしょう。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「新幹線の料金が半額になるキャンペーンを実施中