ほとんどの「スピード違反」は、警察官が現場で直接取り締まりを行う有人式で行われています。そのうち半分がネズミ捕りと呼ばれる「定置式」、もう半分がパトカーや白バイによる「追尾式」というのが内訳。どちらの取り締まりもまさに神出鬼没です。そこで、スマホでわかるスピード違反の公開取り締まり情報を紹介しましょう。

スピード違反の公開取り締まり情報

無人式のオービスであれば、設置場所をレーダー探知機やオービスアプリが知らせてくれるため、ある程度は事前に危険を察知できます。しかし、有人式のスピード取り締まりはいつどこで行われるかわかりません。

そこで参考にしたいのが、各都道府県警のホームページに掲載されているスピード違反の取り締まり情報です。いわゆる「公開取り締まり」情報ですが、実際に見てみるとかなり詳細な場所まで掲載されています。

例えば警視庁ホームページならメニューから「交通安全」を選択。「交通指導取締り」の「公開交通取締り」ページに、当月中の「速度違反取締実施場所一覧」をPDFファイルで掲載。スマホからも確認できます。

スピード違反取り締まりの日付と場所

一覧は速度違反の取り締まり実施場所を、行政区と実施路線名、実施場所、所属警察署で記載。例えば、世田谷区の環七通りであれば、野沢3丁目付近で世田谷警察署、代田3丁目付近で北沢警察署が実施するとわかります。同じページには「重点取締場所」も掲載。細かな交差点名を記載しています。

ほかの道府県の警察本部ホームページでもスピード違反や交通違反の取り締まり情報は掲載されています。神奈川県警のホームページでは、警視庁のように取締場所を詳細に掲載中です。

千葉県警や埼玉県警のホームページでは、日付ごとにどこで何の取り締まりが行われるかが詳しく記載。もちろんスマホでも確認可能です。

このほか、大阪府警のホームページではメニューの「交通情報」の「取締りに関すること」を開いた「各警察署等の速度取締指針一覧」から、各警察署の重点路線と重点時間帯を確認可能。信号無視や歩行者妨害の取り締まり場所や時間帯も掲載されています。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホで確認「スピード違反」の公開取締り情報