近所の駐車場からクルマを借りる「カーシェア」は、営業所へクルマを取りに行く「レンタカー」と比べて手軽なこともあり、全国的にサービスが広がっています。短い時間ならカーシェアですが、長時間になるとレンタカーがお得になるのは何となくわかっているはず。はたして何時間以上からレンタカーがお得になるのでしょう。

カーシェアは6時間までは燃料代込み

駐車場をはじめ、さまざまな自動車向けサービスを展開するパーク24グループは、「タイムズレンタカー」「タイムズカーシェア」の両方を運営しています。そこで、カーシェア・レンタカーともに利用が多そうな1200~1300ccクラスを借りるケースについて料金を比較してみました。

なお、料金計算にあたってはタイムズカーシェア利用を申し込むと自動的にタイムズクラブのプレミア会員としてレンタカーが25%オフになるため、料金も割引後で計算。また、タイムズカーシェアでは免責保証が自動セットのため、レンタカー利用時も免責保証を付けて計算します。

まず、カーシェアでもっとも多い「ちょい乗り」利用にあたる6時間以内は、カーシェアが最大4290円に対してレンタカーは5142円と、カーシェアの方が圧倒的に割安。カーシェアは、利用時間5時間未満であればさらに安くなるうえ、6時間までは燃料代込みなので追加料金も不要です。

レンタカーは燃料満タンで返す必要

次に、6時間を超える利用料金について見ていくと、時間が追加されるたびに料金差が縮小。7時間以上でカーシェアよりレンタカーの方が安くなります。12時間以上、24時間以上でも同様です。

そして、6時間15分から7時間でどちらが安いかは、走行距離が関わってきます。レンタカーは燃料満タンで返すのに対し、カーシェアは6時間を超える利用では1kmあたり16円の距離料金がかかるからです。

燃費情報サイト「e燃費」によると、タイムズが多く採用するマツダ・デミオの場合、実燃費が14.87km。この数値と、全国平均のレギュラーガソリン価格・127.5円/lを利用して計算すると、レンタカーの燃料代は1kmあたり8.6円となり、カーシェアと比べ1km走るごとに約7.4円割安となります。

そこで、1回の利用で100km走ると考えて料金比較をすると、6時間30分以上でレンタカーが割安という結果。走行距離が短ければ、カーシェアが割安な時間が増える料金構造です。カーシェアがレンタカーよりおトクに利用できるのは6時間30分までが目安といえるでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「カーシェアがレンタカーより割安なのは何時間?