「radiko(ラジコ)」はラジオをPCやスマホで手軽に聴取できるサービスです。無料ユーザーの場合、接続元のIPアドレスによって聴取できる局が制限される仕組みになっています。ここでVPNでアクセス元を偽装すれば、日本全国の放送を聞けてしまうということ。PC用の定番VPNソフトで地方のラジオを聞いてみましょう。

VPNサーバーを利用してIPアドレス偽装

VPNとは「仮想プライベートネットワーク」のこと。VPNサーバーを利用してインターネットを閲覧すると、IPアドレスを偽装することが可能です。結果的に、「radiko」で日本全国のラジオ放送を聞けるようになります。

VPNサーバーを利用するのに使用するのは「SoftEther VPN Client」。まずは公式サイトからプログラムをダウンロード。ダウンロードファイルを解凍して、フォルダ内にあるEXEファイルをダブルクリックしてインストールします。

続いて、SoftEther VPN Clientを起動して、メニューの中から「新規仮想LANカードを作成」を選択。その後、「VPN Gate公開VPN中継サーバー」をクリックするのです。

VPNサーバーで動画サービスの制限突破

ここで表示されたリストの中から日本のサーバーを選びます。この時点では、日本のどのエリアに接続するかは分かりません。

選んだVPNサーバーには自動で接続。画面上で「接続完了」となっていれば成功です。この状態で「radiko」にアクセスすると、エリアが変更されているのが分かります。さまざまな日本のサーバーを試して、聞きたい局のあるエリアを探しましょう。

なお、SoftEther VPN Clientで海外の中継サーバーを選択すると、Netflixなどの動画サービスの地域制限を突破することが可能。実際に試してみたところ、Netflixフランス版にアクセスできました。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「VPNサーバーを経由して地方のラジオを聞きまくる