街中を流したり、交差点などで待ち伏せたりしながら、交通違反を取り締まる「白バイ」。青キップや赤キップを切られた人の中には「交通違反を取り締まるヒマがあるなら、殺人や強盗などもっと重大な犯罪を取り締まれ」と、白バイ隊員に怒ったことがある人もいるかもしれません。しかし、そうした犯罪捜査は、白バイ隊員の任務には含まれていないのです。

白バイ隊員は交通違反取締りがメイン

警察の白バイのほとんどは「交通機動隊」「高速道路交通警察隊」のいずれかに所属しています。この2つは各都道府県警で交通安全を担当する「交通部」に属する組織で、交通事故の処理や交通違反の取り締まりがメインの仕事。街で見かけた不審者に職務質問するなどの任務は、白バイ隊員の専門外なのです。

このため、仮に警察無線で殺人事件や窃盗事件の発生を聞いたとしても、白バイがその現場へ向かうことはありません。よく、海外ニュースで警察官の乗るオートバイと逃走犯がカーチェイスしている映像が流れますが、日本の白バイ隊員がそうした逃亡犯を追跡することはまずないのです。

交通部の役割のなかには、交通安全を指導するというものもあります。どこの都道府県でも、年に何度か交通関連のイベントが行われますが、ここに参加するのも白バイ隊員の重要な任務。ただ交通安全指導をするだけでなく、訓練や取り締まりで鍛えた白バイの運転技術を披露するデモ走行も行われます。

白バイ隊員がVIP車列やマラソン先導

一方で、殺人や強盗、汚職といった大きな事件を捜査するのは「刑事部」という組織です。都道府県警本部であれば捜査一課、捜査二課、捜査三課、警察署の場合は刑事一課、刑事二課といった部署になります。110番通報を聞き、覆面パトカーでいち早く現場に駆けつける機動捜査隊も刑事部内の部署です。

また、暴力団など組織的犯罪を取り締まるのが組織犯罪対策部、交番勤務やパトカーで街を見回る地域部、詐欺やストーカーなどを取り締まる生活安全部といった捜査部門もあり、それぞれの仕事が重なるケースもあります。例えば、覚醒剤事件の場合、地域部の警察官が逮捕することもあれば組織犯罪対策部が逮捕することもあります。

しかし、白バイ隊員の場合、他の部門と仕事と重なることがほとんどありません。例外は、VIP車列やマラソン・駅伝などの警備での先導。警備部門が中心に行う活動ですが、先導だけは交通部門の白バイが行うケースが多いのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイ隊員が殺人現場へ急行することはあるか?