警察官の給料は、仕事がきつい割にはそこそこというのが一般的なイメージでしょう。たしかに、警察官のほとんどは地方公務員。圧倒的な高給取りではありません。一方で、住宅ローンの審査はほぼストレートという信用度が高いのも事実。加えて、警察官の給料ならではの「特殊勤務手当」があるのです。

警察官の給料で特徴的な特殊勤務手当

警察官は公務員ですから、一般の公務員と同様に給料は「俸給(ほうきゅう)」といいます。そして「俸給月額+各種手当」が警察官の給料です。このうち、住宅手当・通勤手当・扶養手当などは一般企業と変わりません。

管理職手当は特別調整額という名目で、警視なら月に8万円強ほど支給。所属地域によって変わってくる「地域手当」は巡査で3千円前後、巡査部長で5千円弱といったところでしょうか。

そして、警察官の給料で特徴的なのが「特殊勤務手当」です。某県警の特殊勤務手当を例に見ていきます。鑑識作業の刑事作業手当は560円/日、通常警らの警ら作業手当は340円/日、パトカーによる軽作業は420円/日です。

爆発物処理作業の特殊手当は5200円

このほか、特殊勤務手当を詳しく見ていくと、基本的な交通取締手当は460円/日ですが、パトカーや白バイの場合は560円/日、交通事故処理作業は560円/日となります。また、試験業務の運転免許技能試験手当は220円/日です。

ここまでは警察官が日常的に行う業務への手当ですが、一般企業などと異質な手当もあります。例えば、山岳遭難者捜索の特殊残務手当は700円/日、総理大臣の身辺警護になると1,150円/日です。

単位が「1日あたり」でなくなる特殊勤務」手当もあります。死体の検死や収容の場合は1,100円/体、損傷の著しい死体の場合は2,200円/体です。爆発物処理作業については5,200円/件となります。

変わったところでは、国外での犯罪情報収集業務は1,100円/日。さらには、航空機の操縦業務となると5,000円/時です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察官が検死でもらえる特殊手当は1体いくら?