PASMOがスマホで使える「モバイルPASMO」がサービスを開始して半年が過ぎました。しかし、対応するスマホはAndroid搭載モデルのみで、iPhoneユーザーからはiOSでも使えるようにとの声が数多く上がっていました。そして、ついにこの10月から「Apple PayのPASMO」という名前でiPhoneやApple WatchでのPASMO利用が可能になったのです。

iPhoneでSuicaとPASMOの併用が可能

2020年10月6日から、iPhone・Apple Watchのアプリ上でPASMOが利用可能となる「Apple PayのPASMO」がサービスを開始しました。対応モデルは、iOS14.0がインストールされたiPhone8以降とwatchOSがインストールされたApple Watch Series3以降となります。

サービス名の通り、iPhone・Apple Watch向けのPASMOはApple Payを利用する仕組みで、標準アプリのApple Wallet上からApple PayのPASMOを追加して使用します。追加する際には、新しくPASMOを作るほか、現在利用中のカード式PASMOのデータを移行して使い続けることも可能です。

Android向けのモバイルPASMOと違い、Apple PayのPASMOはApple Walletに複数枚を登録できるほか、PASMOとSuicaの両方を登録して切り替えて利用することができます。この点で、一部機種以外はSuica・PASMOの切り替えができないモバイルPASMOより便利といえるでしょう。

iPhoneはPASMOアプリで機能がアップ

Apple PayのPASMOは、Apple Walletに登録するだけで利用でき、登録したクレジットカードからのチャージや利用履歴の確認が行えます。しかし、App Storeで公開中のPASMOアプリを追加でインストールすると、PASMOに関するさまざまなサービスも利用可能になります。

PASMOアプリで追加される機能は、Apple Wallet登録のものとは別のクレジットカードからのチャージ・定期券の区間変更・オートチャージの設定変更・バス利用特典サービスの情報確認・払い戻しです。このPASMOアプリの利用には、PASMO会員への登録が必要となります。

なお、Apple WalletにPASMOを追加すると、自動的にそのPASMOがエクスプレスカードに設定されるため注意が必要です。エクスプレスカードは、スリープやロックがかかった状態でも使え便利ですが、Suicaをメインに利用する場合などは、この設定を切り替える必要が出てきます。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhone版「PASMO」とAndroid版の違いと注意点