Windows10は標準セキュリティソフトとして「Windowsセキュリティ」を搭載。Windows Defenderが進化したWindowsセキュリティは非常に優秀で、長らく定番だったウイルス対策ソフトを別途購入する必要はもうありません。とはいえ油断は禁物。Windowsセキュリティで追加で設定しておきたい機能を紹介しましょう。

Windowsセキュリティで除外の追加

Windows10標準セキュリティソフト「Windows セキュリティ」は安全なファイルをウイルスと誤検出して、勝手にブロックすることがあります。この時、誤検出されるファイルを除外設定することが大切。複数ファイルが誤検出される場合は、ファイルを同一フォルダにまとめ、フォルダを除外設定すると楽です。

Windows標準セキュリティソフトで追加すべき設定は、まず「Windowsセキュリティ」の「ウイルスと脅威の防止」→「ウイルスと脅威の防止の設定」を開きます。除外の項目で、「除外の追加または削除」をクリック。「除外の追加」で誤検出されるファイルか、ファイルが保存されているフォルダを登録します。

除外リストの中に、自分で指定したファイルやフォルダが登録されたことを確認。これで登録したファイルが、ブロックされず利用できるようになります。これでWindowsセキュリティの誤検出を防ぐ追加設定は終了です。

Windowsセキュリティの補助用ソフト

基本的にWindowsのセキュリティソフトはWindowsセキュリティで十分ですが、中には検出されない巧妙なマルウェアも存在しています。マルウェアとはウイルスやスパイウェアなどを含めた、不正なプログラムの総称です。

そこでWindowsセキュリティの補助用に、検出力の高い「Malwarebytes」を追加で導入しておくと安心です。Malwarebytesは検出力の高さが特徴で、無料版でもマルウェアのスキャンと駆除ができます。

Malwarebytesをインストールしたら起動して「スキャンの開始」からパソコン内をスキャン。見つかったら、駆除するものを選んで「選択の隔離」をクリックします。これでWindows Defenderでは検出されなかったマルウェアを駆除できるのです。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「Windowsセキュリティ」で追加設定すべき項目