iPhoneは7 Plusから複数カメラを搭載するようになり、最新のiPhone11 Proでは、広角・超広角・望遠・インカメラと4つのレンズを備えるまでに進化。その都度切り替えて撮影しています。そんな複数レンズを同時に起動して動画撮影できる無料アプリが登場しました。このほか、ネガフィルムが仮現像できるアプリも紹介しましょう。

2つのレンズを同時稼働させるアプリ

「DoubleTake」という動画撮影アプリは、任意の2つのレンズを同時に稼働させてマルチカムのように撮影することが可能。右下にインカメラで自分の顔を映すなど、テレビのワイプのような映像も簡単に撮れます。YouTube用の動画撮影などで役立つでしょう。

さっそくiPhone11でテストしてみました。アプリを起動すると、広角・超広角・インカメラの3つのカメラが立ち上がります。

この画面で、撮影したいレンズを2つ選択したら、右下にある数字をタップしてフレームレートを24~30fpsから指定してください。画質は1080pの固定となります。

ネガフィルムが仮現像できるアプリ

撮影画像は画面2分割か、ピクチャインピクチャかのいずれか。画面分割は縦位置でも撮影でき、その場合は上下に分割される仕様です。ピクチャインピクチャは、画面の中に小さい動画を上乗せして同時撮影する機能。実況動画などにぴったりでしょう。

「NEGAVIEW PRO」を使えば、撮影したネガフィルムの内容を確認したい時、わざわざフィルムスキャナで取り込んだり、現像に出さずともスマホで簡単にチェックできます。フィルムの下にはライトボックスなどを置く必要がありますが、代わりにタブレットのディスプレイでも代用可能です。

使い方は、カラーか白黒かを選択したら、スマホの画面をかざすだけでOK。露出・コントラスト・色味の調整もできるので、仮現像ツールとしても活躍します。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneの複数レンズで同時撮影できる無料アプリ