「Suica」といえば「JR東日本で使うもの」というイメージが強いですが、実はJR東日本以外にも独自のSuicaを発行している路線が存在します。ひとつはJR東日本が大株主の東京モノレール、もうひとつはJR埼京線と相互乗り入れをしている東京臨海高速鉄道です。これらの会社が発行するSuicaは何が違うのでしょう。

モノレールSuicaとりんかいSuicaとは

「Suica」にはJR東日本のものとは別に、東京モノレール発行の「モノレールSuica」、東京臨海高速鉄道発行の「りんかいSuica」の2種類があります。なお、その他のSuica対象路線のうちニューシャトル・富士急行・伊豆急行・ゆいレールについてはJR東日本発行のSuicaを使用しています。

同じ「Suica」と名前が付いていることから、モノレールSuica・りんかいSuicaとも現金をチャージして鉄道・バスに乗る基本的な部分はSuicaと同じ。また、JR東日本が行っているポイントプログラム「JRE POINT」についても、モノレールSuica・りんかいSuicaを登録してポイントを貯めることが可能です。

しかし、いくつかのSuicaサービスについてはモノレールSuica・りんかいSuicaが非対応。そのひとつが、モノレールSuica・りんかいSuicaではJR東日本の鉄道路線への乗車では、JRE POINTを貯められないことです。

独自SuicaはJR東日本でポイントなし

JR東日本発行のSuicaであればモバイルSuicaが2%、カード式Suicaが0.5%の乗車ポイントが貯まるため、その点でモノレールSuica・りんかいSuicaのおトク度は下がります。また、ビューカードを利用したオートチャージについても、モノレールSuica・りんかいSuicaは対応していません。

一方で、定期券に関しては東京モノレール内のみの区間であればモノレールSuica、東京臨海高速鉄道区間のみの区間であればりんかいSuicaでないと利用不可。JR東日本発行のSuicaに定期券を追加することができません。両路線の沿線に住み定期券が必要な人は、これらSuicaの利用が必須といえます。

ちなみに、JR東日本発行のSuicaを利用するニューシャトル・富士急行・伊豆急行・ゆいレールについては、ニューシャトルは無条件にSuica定期券を追加できますが、富士急行・伊豆急行はJR路線と連続している場合のみ定期券が利用可能。ゆいレールではSuica定期券は利用できないので注意が必要です。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JR東日本以外が発行する独自Suicaは何が違う?