事件が発生すると、真っ先に現場に駆け付けるのが「鑑識」です。証拠採取の専門である彼らは、時には刑事よりも立場が上になることもあります。事件発生から現場に駆け付ける順番は所轄警察署、機動捜査隊、鑑識課、捜査1課の順。刑事よりも早く事件現場に駆け付ける鑑識課員の仕事を見ていきましょう。

鑑識に刑事があれこれ尋ねるシーン

私服の刑事が事件現場の立ち入り禁止のテープを潜り抜け、鑑識課員にあれこれ尋ねる姿は警察ドラマなどでよく見らるシーン。しかし、実際には刑事といえども鑑識課員に指示や命令を与える権限はありません。

現場で鑑識活動が行われている間、捜査員の立ち入りを禁止することもあります。目に見えない痕跡や細かい証拠品を探す間、現場にドカドカと刑事たちに乗り込まれては、作業の邪魔になるからです。

鑑識課員には、現場で腰を屈めてうずくまり黙々と働く制服の捜査員という地味なイメージがあります。しかし、どんな事件も起訴か不起訴の判断する、もしくは裁判で容疑者を有罪とするには、鑑識課の働きがないと成り立ちません。

鑑識課が属しているのは刑事部ですが、他の課とは独立しています。警察の組織上、捜査1課や捜査2課の刑事などと立場は同じです。

鑑識課員は多忙で慢性的に人員不足

事件が発生すると、まずは所轄の署員が駆け付け現場を見張ります。続いて機動捜査隊が到着。機動捜査隊員は周辺に犯人が隠れていないか捜査を行ったり、事件発覚時の様子の聞き込みをします。

ここで、機動捜査隊が鑑識や捜査1課の刑事を出動させるかどうかを判断。鑑識や捜査1課は事件の規模により出動するか否かが決まります。こうして、事件現場に次に到着するのが鑑識課員というわけです。

鑑識は殺人だけではなく、強盗、放火、盗犯といったあらゆる事件を扱い、24時間体制のために極めて多忙。しかも、専門技術や知識が必要なため、慢性的に人員不足といわれています。

鑑識課の仕事は遺留品を集めること。それこそ髪の毛1本から爪のひとかけらまで収集し、指紋や足跡といった痕跡も独自の技術で採集・分析します。この遺留品が逮捕から起訴、そして裁判の判決に至るまでの証拠になるのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「刑事に「鑑識」へ指示や命令を与える権限はない