貯金も多く、時にはグリーン車など高額な席も利用してくれるミドル・シニア層は、鉄道会社にとってはお得意さまといえる存在です。そこで、JR東日本では50歳以上向けの割引サービス「大人の休日倶楽部」を用意しています。50歳から入れる「ミドル」、65歳以上の「ジパング」のおトク度を調べました。

大人の休日倶楽部には2種類の会員

「大人の休日倶楽部」は、JR東日本がミドル層以上の年齢向けに行っている会員制のサービスで、50歳以上から入会可能。JR東日本系列のビューカードが発行するクレジットカード「大人の休日倶楽部カード」とセットになっているため、事実上クレジットカード向けの割引サービスといえるでしょう。

大人の休日倶楽部には「ミドル」「ジパング」の2種類あり、ミドルは50~64歳、ジパングは65歳以上が(夫婦の場合は片方が65歳以上)入会可能。ジパングについては、JR全社で割引が受けられる「ジパング倶楽部」へも入会することになります。

大人の休日倶楽部のミドルとジパングを比較すると、おトク度では圧倒的にジパングが上。ジパングの年会費は、個人会員が4364円、夫婦会員が合わせて7458円ですが、201km以上乗車する場合、JR東日本・北海道の全路線が30%オフ、その他JR各社全線も年間3回まで20%、11~20回までが30%オフです。

大人の休日倶楽部ミドルは5%オフ

大人の休日倶楽部ジパングで20%・30%オフは、運賃のほか特急料金も含まれ、グリーン車も利用可能。ただし、グランクラスと東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」「みずほ」、「サンライズ出雲・瀬戸」の寝台車、「サフィール踊り子」のプレミアムグリーン車は割引対象外で、乗車券のみ割引となります。

そこで、東京駅~仙台駅を「はやぶさ」のグリーン車で往復した場合、通常3万140円のところが2万1000円と9千円近く割安で、1往復で年会費の元がとれる計算。また、東京~大阪を「のぞみ」で往復するようなビジネス利用でも、30%オフであれば運賃1万7820円が1万2400円となり、ほぼ年会費分が割安です。

一方、大人の休日倶楽部ミドルについては、年会費は2624円と割安なものの、割引となるのはJR東日本・北海道路線を201km以上乗車した場合に限られ、割引率も5%に下がります。JR東日本には、Web予約サイト「えきねっと」向けに「えきねっとトクだ値」などの割引サービスがあり、多くの場合こちらの方がお得です。

しかし、「えきねっとトクだ値」などの割引は席数限定、あるいは東京駅~仙台駅間では「やまびこ」普通車指定席限定といった制限がありますが、大人の休日倶楽部ミドルの割引は制限ナシ。そこで、東京と仙台を毎月最速の「はやぶさ」で往復する人なら、大人の休日倶楽部ミドルの利用価値がアップします。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「全路線が30%オフになるJR東日本の割引サービス