最盛期に比べれば減ったとはいえ、YouTubeでは今も著作権物を勝手にアップする不届き者が後を絶ちません。そんなYouTubeがここ数年、特に力を入れているのが違法動画への対策です。その中核を担うのが、100億円以上かけて構築したという独自の違法動画の監視システムである「Content ID」です。

Content IDは違法動画を発見して通知

YouTubeの著作権管理ツール「Content ID」の仕組みは次の通りです。まず、著作権者自身が権利を持つ音声や動画ファイルをYouTubeに登録します。

ファイルはContent IDのデータベースに保存され、YouTube上にあるすべての動画や音声を自動でスキャン。データべース内のファイルに該当する投稿が発見された場合、権利者に通知されます。

そして権利者は、その動画に対して「動画をブロックして閲覧できなくする」「動画に広告を掲載して収益を受け取る(アップロードしたユーザーと収益を分配する選択も可能)」「その動画の再生に関する統計情報を得る」といった対応を取ることが可能です。

Content IDは違法にアップロードされた動画を発見するだけでなく、その動画で著作権者が収益を得られるようにしている点が画期的。例えば、申し立てされた動画は一旦審議され、広告収益は保留。審議の結果、申し立て者に権利があると認められると、広告で得られた収益はその権利者に渡るようになります。

Content IDにデータの登録がない動画

著作権者にとってはありがたいシステムですが、Content IDの登場によってYouTubeの違法動画がゼロになったかというと、そうは単純ではありません。このシステムのチェックをすり抜ける手法が編み出され、今日も違法動画がアップされ続けているのです。

例えば、何十年も前に放送されたテレビ番組の場合、Content IDにデータが登録されていない可能性が高く、最近の番組に比べて権利者からの申し立ても少ないため、低リスクかつ安定して再生回数を稼げるといわれています。

実際、過去のテレビ番組を投稿した動画の中には、数年にわたって野放しにされているケースもあるようです。

また、違法アップロードされている動画をダウンロードし、それをあたかもオリジナル動画のように再アップロードするケースも…。もちろん権利者からの申し立てがないからといって、違法であることに変わりありません。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTubeの監視「Content ID」をすり抜ける手口