警察官の階級は上から「警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長・巡査」となっています。巡査と巡査部長の間に「巡査長」という階級もありますが、これは正式な階級ではなく一種の名誉階級。警察官の厳しい出世レースと、その後の人生を見ていきましょう。

警察官は昇格試験を突破して出世する

警察官は、キャリアの警察官僚以外は全員「巡査」からスタートします。2~3年間まじめに勤務を続ければ、巡査長に昇格します。巡査長は勤務成績が優秀で実務経験も豊富ながら、昇任が困難もしくは昇任試験を受けない巡査が任命される一種の名誉階級です。

3~6年で巡査部長昇格試験を受けられ、これを突破すると巡査部長になります。この段階で同期との差が生まれることになるのです。

続く警部補も、巡査部長同様に試験で昇格が可能。警部補になると、主任や係長などチームを取りまとめる役割を任されます。いわゆる現場の指揮官です。ゆえに、最前線に留まるためにあえて昇任試験を受けない警察官もいます。

さらに、警部補として4年間の実務経験があれば警部への昇格試験の受験が可能に。警部はいわゆる逮捕状の請求などもできる幹部警察官です。いずれも勤務の合間に試験勉強をすることになりますが、たいていは勤務を特別体制にしてもらうなどの配慮がなされるようです。

警察官の気になる退職金と再就職先

警部になるとさらに警視など上を目指したくなりますが、ノンキャリアではほぼ不可能。定員上の空きが出なければ昇任できません。ノンキャリア警察官の最高階級は警視長といわれていますが、実際に昇任できるのはごくわずかです。

ほとんどの警察官が退官するのは警部補か巡査部長。定年は60歳です。警視以上に出世することができれば定年が早まりますが、ノンキャリア警察官にとってはあまり関係ありません。

巡査部長として定年まで働いて退職金は2500万~3000万円ほど。さらに定年後も職に困らないといわれます。最も一般的な再就職先は警備員。警備会社は警察退官者のための採用枠を設けているケースが多いようです。パチンコ関係や交通保安関係など、警察と関係の深い業種にも再就職先が用意されています。

ただし、不祥事があった場合は話が別。不倫などの不貞行為が発覚すれば、警察官としての未来はほぼ閉ざされます。退職を強く勧められ、自ら辞表を提出することになるのです。退職金こそ出るものの再就職は極めて厳しくなります。大きなトラブルなく勤め上げることが、幸せな警察官人生の秘訣なのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察官の出世レースの限界ともらえる退職金は?