「ドライバーの中には執拗に他車を攻撃して自分の力を誇示したいというタイプがいます。そういう異常者に遭わないために、他車にストレスを与えない運転を心掛けましょう」と話すのは、日本交通事故鑑識研究所の大慈彌拓也代表取締役。交通事故分析のプロがあおり運転を回避するドライブ術を伝授します。

あおり運転の原因を作っているケース

運転中に気が大きくなったり攻撃的になる人がいるのは、車内が相手の顔が見えない匿名空間であるため。「知らない人に迷惑をかけても構わない」という心理が働くと大慈彌氏は分析します。

そこで重要になってくるのが、クラクションや運転態度で行う「カーコミュニケーション」と空気の読み方です。最近では若年層でカーコミュニケーションがわからないという人も多く、とくに初心者は必要以上にクラクションを長く鳴らしがちです。

加えて、ふだんの対人関係で私たちは空気を読みますが、クルマの運転環境でも空気を読むことが大事。相手のクルマが何をしようとしているか、見極めが必要でしょう。

そもそも「あおり運転は、被害者がきっかけを作ってしまい、加害者がそれをやり返すパターンが多い」のです。被害者が知らず知らずのうちに、あおり運転の原因を作っているケースが多いといいます。

あおり運転を回避するためのポイント

例えば、後続車がどれくらいのスピードで走っているのかを想像せずに車線変更をしてしまい、後続車にブレーキを踏ませるといった行為。もちろん、後続車が速度違反をしているのかもしれませんが、自分が法定速度でちゃんと走っているから問題がないというわけではありません。

また、追い越し車線を制限速度なら継続走行しても問題ないと考える人は少なくありません。しかし、追い越し車線を走行し続けると通行帯違反。そのルールを知らずに後続車の進行を妨げてしまっているケースもあります。

クルマの流れを止める行為自体が危険行為で、交通違反にもなりえるもの。このように、あおり運転の種を自分で撒いていることもあるわけです。相手がカッとしやすいドライバーだったら、トラブルに発展しかねないでしょう。

すなわち、本人の無意識の行為の危険性に対して、いかに意識的でいられるかがあおり運転を回避するためのドライブ術のポイント。その上で、危ないドライバーには近づかないことがあおり運転のトラブル予防につながります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「あおり運転の「原因」を作らないドライブ術とは