以前「グーグルマップ」がイギリスの一部地域でオービス情報を載せたというニュースが話題になりました。日本でもグーグルマップ上にオービスの位置が表示されれば便利ですが、その可能性は低いといえるでしょう。そこで、グーグルマップに自力でオービスマップを表示する方法を紹介しましょう。

グーグルマップとオービス情報が連動

イギリスの場合、オービスの位置情報を警察自身が公開しています。これは、オービスの設置自体によるスピード抑止効果を狙う考えからで、速度制限が厳しい市街地へも積極的に導入されています。そこで、グーグルマップが情報提供を受けオービスの位置情報を表示する可能性は低くないでしょう。

一方、日本の場合はオービスの位置情報を警察が非公開にしています。工事情報や渋滞情報については、カーナビ向けにVICSがリアルタイムで流していますが、そこにオービス情報はありません。

ただし、非公式にオービスの位置情報を調べ、グーグルマップに載せること自体は警察も禁止できません。そこで、グーグルマップとオービス位置情報が連動しているケースも数多くあります。

グーグルマップにはマイマップ機能

例えば、「オービスガイド」を始めとするオービス情報サイトのほとんどが、オービスの位置情報を示すのにグーグルマップを活用しています。この場合、商業利用にあたるのでグーグルマップの使用契約が必要です。

一方、個人でもオービスの位置さえわかればグーグルマップの「マイマップ」機能にひとつずつプロットすることで、オリジナルのオービス地図を作れます。

また、ネット上には「東日本高速道路オービスマップ」「西日本高速道路オービスマップ」などの共有されたマップが公開されており、マイマップに読み込めば、スマホのグーグルマップアプリでも確認可能です。

また、グーグルストリートビューを使いオービスの設置場所を確認するのもよいでしょう。グーグルストリートビューの更新頻度から最新情報には対応しませんが、設置されたオービスのタイプを知るには有効な方法です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「グーグルマップにオービスマップを表示する方法