「オービス」によるスピード違反の取り締まりは、設置場所を覚えておけば安心でした。しかし、いま全国各地で配備が進んでいるのが、持ち運んでどこでも取り締まりができる「可搬式オービス」です。全国で導入が急ピッチで進む可搬式オービス、実際は1台どれくらいの価格なのでしょうか。

可搬式オービスにレーザーとレーダー

全国各地で配備が進む「可搬式オービス」は、2つのメーカーが製造をしていて、速度測定方式も大きく違っています。一方は速度測定にレーザーを用いるのに対し、もう一方は従来からあるレーダー式です。

レーザー式の可搬式オービスを製造しているのは、これまでもオービスの主力メーカーだった東京航空計器です。同社の可搬式オービス「LSM-300」は三脚に立てて使うことができます。

また、LSM-300には撮影部をポールに取り付け、基台部に記録装置などを内蔵した半可搬式オービス「LSM-300-HK」も存在。すでに、岐阜県警による使用が確認されています。

一方、レーダーを使う可搬式オービスはスウェーデンに本社を持つセンシス社が製造しています。同社の製品で日本へ輸入されているのは固定式の新型オービス「SWSS」と可搬式オービス「MSSS」です。

可搬式オービスには価格差300万円

じつは、2014年に行われた新型オービスの実証実験で採用されたのはMSSSでした。ところが、その後は採用事例が少なく、今のところ埼玉県と岐阜県のみ。北海道警も購入を決めていますが、その他都府県はいずれもLSM-300を導入しています。

はたして、可搬式オービスは1台いくらくらいするでしょうか。LSM-300については何県かに資料があり、例えば愛知県警が導入したLSM-300は税抜き1000万円で、山梨県警は税込み1080万円。LSM-300については1台あたり1000万円が相場のようです。

センシス社の可搬式オービスについては、北海道警が購入したMSSSの価格が判明。LSM-300の販売会社が北海道警に示した1000万円より約300万円安い698万円でした。ここまで価格差が付くことは通常は考えられません。

実は、センシスが発表したプレスリリースによると、日本で同社製オービスを販売する沖電気が、すでに約1億5000万円分の契約を結んでいるといいます。今後も沖電気がMSSSの売り込みに力を入れるなか、可搬式オービスの価格がどう推移していくのか注目です。(写真提供/オービスガイド)

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「全国で配備が進む「可搬式オービス」価格が判明