カード会社にとってお得意様といえるのが、長年にわたりカードを使い、きっちり支払いを続けてくれる人です。そこで、学生など若い人向けにお得なクレジットカードを発行するカード会社は数多く存在します。なかでも「JCB カードW」は39歳まで作成可能で、ポイントが2倍貯まるというお得なカードです。

JCBカードWはポイントが通常の2倍

JCBが発行する「JCB カードW」は、18~39歳限定で申し込みを受け付けているクレジットカード。18歳以上であれば学生でも発行可能で、年会費は無料となっています。そして、最大の特徴はJCBのポイントプログラム「OkiDokiポイント」が、通常カードの2倍貯まることです。

JCBの場合、通常カードはOkiDokiポイントが1000円につき1ポイント貯まる仕組みで、貯まったポイントはJCBが用意するさまざまなギフトと交換できます。JCB カードWはポイント2倍のため、1000円につき2ポイント貯まる計算です。

貯まったOkiDokiポイントは、キャッシュバックを受ける場合は1ポイント3円で計算され、JCB カードWの場合は1000円につき2ポイントなので0.6%の割引率になります。しかし、OkiDokiポイントをよりおトクに活用する方法があり、それは電子マネー「nanaco」のポイントへ交換するというものです。

JCBカードWでnanacoポイントへ交換

nanacoはセブン&アイグループが発行する電子マネーですが、グループ会社のセブン・イレブンやイトーヨーカ堂など以外でも幅広く利用可能。そして、OkiDokiポイントをnanacoのポイントへ交換するとお得な理由は、nanacoが用意するポイントプログラムにあります。

nanacoは基本的に、セブン・イレブンなどで現金をチャージして利用します。それに加え、利用金額に応じてnanacoポイントが貯まり、貯まったnanacoポイントをチャージ金額へ1ポイント=1円で交換可能。通常のポイント利用と違い「ポイント利用時もポイントが貯まる」仕組みです。

そして、OkiDokiポイントをnanacoポイントへ交換する場合は1ポイント=5円で計算。JCBカードWを利用したうえで貯まったOkiDokiポイントをnanacoポイントへ交換すると1000円につき10ポイントとなり、nanacoポイントはその仕組みから還元率=割引率のため1.0%の割引率となるのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「クレカのポイントをnanacoチャージで増やす方法