アクセスして検索するだけで楽しめる手軽さが魅力の「YouTube」ですが、基本操作や機能をマスターすることで、何倍も便利になります。YouTubeを楽しむなら、ブラウザでアクセスするより、スマホアプリ版の方が圧倒的に便利です。意外に知らないYouTube動画再生の基本的テクニックを紹介しましょう。

YouTubeの探索では「急上昇」が便利

YouTubeを楽しむなら、スマホアプリ版が圧倒的に便利です。なお、チャンネル登録やコメントの書き込みなど機能をフルで使うには、Googleアカウントが必要なので、取得してログインしてから利用しましょう。

YouTubeアプリで意外に便利なのが画面下部に並んでいるメニューボタン。動画リンクのクリックでアプリを立ち上げることが多い人は、あまり使ったことがないかもしれません。

「探索」メニューには、カテゴリーごとに人気の動画がまとめられています。とくに「急上昇」は、話題の動画が探せて便利です。「ライブラリ」メニューでは、視聴履歴や再生リストをまとめて表示。自分でアップした動画もここから確認できます。

YouTube「後で見る」リストの使い方

YouTubeアプリは機能も豊富です。「再生画質」は、プレーヤーのメニューから変更可能。ただし、高画質なほど通信量が増えるので、モバイル回線で視聴する場合は低画質に設定しましょう。

プレーヤーの「…」ボタンからメニューを開いて「画質」をタップ。選択可能な画質が表示されます。YouTubeは8Kまで対応していますが、アプリ上で選べるのは1080pまでです。

気になる動画を見つけたけれど、ゆっくり見ている時間がない…なんてことはよくあります。そんな時は「後で見る」リストに登録しましょう。

動画名の脇にある「…」からメニューを開き、「[後で見る]に保存」をタップ。登録した動画は、ライブラリの「後で見る」にまとめられています。途中まで再生した動画は、次回その停止位置から再生できる(レジューム再生)機能が地味に便利です。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTubeで話題の動画を探すなら「探索」を活用