Suicaで都バスに乗ろうとタッチしたら、通常は「210円」の料金表示がなぜか「110円」と割引されていた経験があるはず。じつはSuicaでバスに乗車すると、自動的に「バスポイント」が貯まる仕組みがあります。勝手に100円引きされたのは、知らないうちにバスポイントが一定数貯まったことが理由です。

バス特は自動的にポイントが貯まる

知らないうちにバスポイントが貯まるのは「バス特」というサービス。正式名称は「バス利用特典サービス」です。申し込みなどは必要なく、Suicaを使っているだけで自動的にサービスが受けられます。PASMOも対象です。バスの車体をよく見ると「バス特」というステッカーが確認できます。

バス特で付与される特典バスチケットは、実施事業者により異なっています。都営バスの場合、運賃の支払い1円につき1バスポイントが貯まる仕組みです。そして、バスポイントが累積2,000ポイントまでは、1,000ポイントにつき100円分のバスチケットを付与。累積3,000~4,000ポイントのときは、1,000ポイントにつき160円分のバスチケットが付きます。

さらに、累積5,000ポイントになったときは、330円分のバスチケットが付くのです。つまり、Suicaでバスに5,000円分乗車すると、17%相当の割引を受けられる計算になります。

バス特のバスチケットで自動で割引

現在の都営バスの運賃210円(ICカード使用時)で計算すると、1回乗るたびに210ポイントが付与されて、都バスに5回乗ると1,050ポイントとなって100円分の特典バスチケットが付与。付与されたバスチケットは次回、都バスに乗った時に、自動的にSuicaに優先して運賃の支払いに使用されるのです。

バス特の仕組みを知らずに何度か都バスに乗って、たまたま特典バスチケットが適用されて運賃が割引されたタイミングで料金表示を見て、料金が割り引かれていることに驚いていたというわけです。

バス特は全国60以上のバス会社で実施。「バス特」のステッカーが目印です。なお、都バスにはSuicaやPASMOを使って都バスから都バスへ乗り継ぐときに、運賃精算時から90分以内に次の運賃精算をした場合、大人100円を自動的に割引く乗継割引もあります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「バスに乗って「100円引」される謎の現象の正体