政府が行っていたキャッシュレス還元事業が6月30日で終わり、残念に思っている人も多いでしょう。そこで、政府が次の還元策として打ち出してきたのが、マイナンバーカードと合わせてポイント還元を行う「マイナポイント」です。実はこのマイナポイント、決済方法の選び方でおトク度が変わるのです。

マイナポイントは5千円を上限に還元

「マイナポイント」とは、日本に住民票を持つ人に配られているマイナンバーを利用するためのICカード「マイナンバーカード」の普及を目指し、政府が行うポイント還元事業です。そして、実は「マイナポイント」というポイントが配られるわけではありません。

マイナポイントを手に入れるには、まず自分の住民票がある市町村からマイナンバーカードを入手する必要があります。その上で、マイナンバーカードとクレジットカードなどのキャッシュレス決済事業者を登録。登録した事業者の利用金額に応じて、5千円を上限に25%の各社のポイント還元を受ける仕組みです。

この複雑な仕組みのため、マイナポイントで還元を受けるためには「マイナンバーカードの取得」→「マイナポイントの予約」→「キャッシュレス決済サービスの登録」という3段階の手続きが必要。マイナポイントの予約定員は予算の都合上4000万人と発表されているため、予約手続きは早めに行うべきです。

マイナポイントで割増設定する事業者

一方、マイナポイントがキャッシュレス決済事業者に配られるのは2020年9月1日~2021年3月31日の利用分で、時期的にはまだ先の話。決済事業者は1社のみ登録可能で、一旦登録すると変更は不可能。そして、お得にマイナポイントを入手するためには、決済事業者選びを慎重に行う必要があるのです。

というのも、決済事業者によってはマイナポイントへ登録することで、割増ポイント還元を設定していることがあるため。例えば、NTTドコモの「d払い」を選ぶとdポイントが1500ポイント追加されるほか、2万円の利用で1000ポイント追加となり、マイナポイントとあわせ最大7500ポイントが還元されるのです。

独自の割り増し還元はキャッシュレス決済事業者独自のキャンペーンのため、マイナポイント還元がスタートする9月1日を前に各社がさまざまなプランを追加することも予想されます。

そこで、マイナポイントの予約だけ早めに済ませ、決済事業者選びはギリギリまでお得なキャンペーン探しをした方が得策といえるでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「マイナポイント「決済方法」の得する選び方は?