スマホでSuicaを利用する「モバイルSuica」は、昨年秋からJR東日本路線の乗車でポイントが貯まるようになり、利便性がアップしています。じつは、JR東日本路線をまったく利用しない人であっても、モバイルSuicaの使い方次第で他の交通系ICカードやクレジットカードよりおトク度が高くなるのです。

モバイルSuicaのチャージで1.5%還元

「モバイルSuica」は、JR東日本系列会社が発行するクレジットカード「ビューカード」と組み合わせることで、おトク度が非常に高くなります。というのも、ビューカードを利用してモバイルSuicaへチャージをすると、1000円につきJRE POINTが15ポイント貯まる仕組みになっているためです。

JRE POINTは1ポイント=1円として使えるJR東日本のポイントプログラム。モバイルSuicaへビューカードを利用してチャージした際の還元率は1.5%ということになります。このポイント還元率は、さまざまなクレジットカードと比較しても高い部類です。

そして、チャージしたSuica残高は全国相互利用サービス対応の交通系ICカード路線だけでなく、コンビニやレストランなどでも利用できます。そのため、北海道や西日本在住でJR東日本路線にまったく乗らない人でも、モバイルSuica+ビューカードのセットで1.5%のポイント還元が受けられるのです。

ポイントはモバイルSuicaへ再チャージ

JR東日本路線が近くにないのにJRE POINTで還元されても使えないと考える人もいるかもしれません。しかし、JRE POINTは1ポイント=1円でSuicaチャージに使え、その手続きはJRE POINTのWebサイトから行うため、JR東日本沿線に住んでいる必要はありません。

ただし、モバイルSuicaでJR東日本路線以外へ乗車した場合、PASMOと共同で行っている「バス特」を除き乗車ポイントは貯まりません。そこで、1.5%以上のポイント還元や割引がある路線では、モバイルSuicaではなくそちらのサービスを利用した方がおトクになります。

例えば、JR九州を除く九州地区の鉄道・バス会社が発行する「nimoca」には、サービス対象路線の乗車について2~5%のポイント還元があります。そのため、nimocaのポイント還元路線への乗車にはnimoca、それ以外のショッピングなどではモバイルSuicaといった使い分けが大切なのです。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「JR東日本以外も「モバイルSuica」持つべき理由